清宮幸太郎 肉料理に頼らない 強くて大きな体作り 牛乳

日本ハムへの入団が決まり、2年ぶりの日本一を奪還するためにも大きな注目を浴びている、清宮幸太郎選手
連日熱狂的なファンが練習場へ足を運び、早くも「清宮フィーバー」が起こっているようです。
このプレッシャーに負けず、精一杯力を出し切って欲しいですね!

清宮選手は18歳という年齢で、184㎝・101kgと大きな体格。
昨日ご紹介した羽生選手と身長差はあるものの、体重差はなんと約50kg!
大物感がすごいですね。

こんなに大きい体なのに清宮選手、実は肉が苦手なようで、ステーキやトンカツなども食べてこなかったそうです。
では、この大きな体格の裏側には、一体どんな秘訣があるのでしょうか?

 

その秘訣は、母親が食事管理を徹底していたことが一つの理由として言えるでしょう。

例えば、炭酸飲料やスナック菓子は小さい頃から食べないよう禁止
また肉の中でも唯一食べれる鶏肉や、野菜などでバランスのとれた食事を毎日母親が作ってくれていたそうです。
中でも一番驚いたのは、

 

牛乳を毎日2リットル以上飲む

 

です!

 

清宮選手は牛乳が好物で、今も牛乳を2リットル以上飲み続けているそうです。

 

清宮くんと寝食をともにしている人たちが、彼の生活についてまず話すのが1日に飲む牛乳の量。2リットル以上を欠かさないというのだ。

「ホテルの入り口にはアリナミンやOS1のような水分補給飲料水が置かれているんですが、清宮くんはとにかく牛乳を飲んでいるんですって。朝食も夕食も、牛乳がおとも。間食をしないからご飯はいつも最低お茶碗3杯はおかわりするそうですよ」

出典:清宮幸太郎 1日2リットルの牛乳を飲み、最低おかわり3杯

 

牛乳には骨を作ったり、体を大きくするために必要な栄養素であるカルシウムとタンパク質が2つとも含まれています。
野球以外でも、サッカーやラグビーなど、当たり負けしないように、強くて大きな体が向いているスポーツはたくさんあります。
大きな体を目指している子供たちには、成長期にぜひ牛乳を飲んで、清宮選手のような体格になって欲しいですね!

骨を作ったり、体を大きくしたりするために欠かせない栄養素といえばカルシウムとたんぱく質です。牛乳にはその両方の栄養素が含まれているので、個人差はありますが、牛乳を飲むことで体を大きくする手助けになります。
牛乳の摂取量が多い方が、身長の伸びが大きいという調査報告はありますので、体を大きくしたいと考えるなら牛乳は効果的だと思います。
出典:当たり負けしない体になるために。骨を強く、たくましくする牛乳と乳製品の効果

 

ちなみに私も小学生の頃は牛乳のにおいが嫌で苦手でした。
しかし毎朝、においがしないように鼻をつまみながら飲み、だんだん慣れて、克服することができました。
私のように牛乳が苦手な子供も多くいると思いますが、強い体になるため頑張って克服できるよう、応援してあげましょう!

 

 

 

 

 

 

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。