にんじんとツナのマリネで免疫力アップ!

鮮やかなオレンジ色をしたにんじん
免疫力をアップするための栄養素がギュッと詰まった、優秀な野菜の一つです。
その秘密は抗酸化作用にあります。
今回はツナを合わせたマリネのレシピと、抗酸化作用についてご紹介します。

 

 

 

にんじんとツナは栄養満点の組み合わせ!?

ご紹介するレシピの主な材料である、にんじんとツナの栄養素について解説します。
にんじんは英語で「carrot(キャロット)」ですよね。
これは、カロテンが由来になっていると言われています。
名前のとおり、βカロテンを豊富に含んでいるのです。
βカロテンは、皮膚粘膜健康に保つ働きがあり、視力の維持につながります。
アスリートにとって、の健康は重要ですよね。
また、などの呼吸器官を守る働きがあると言われており、風邪などの病気の予防にもつながりますね。
ツナ缶の材料は、メーカーや商品によって様々ですが、マグロカツオが使われていることが多いです。
マグロやカツオには、タンパク質が豊富に含まれています。
タンパク質は、筋肉の材料である栄養素なので、アスリートにとって必要不可欠な栄養素であることはよく知られていることですね。
さらに、マグロやカツオにはEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。
EPAは脂質の種類の一つで、血液をサラサラにしてくれる効果があります。
激しい運動をすると、身体は酸素を必要としますが、身体の末端まで酸素を行き渡らせるには、血液をサラサラな状態でないといけません。
EPAを摂取すると、十分に酸素が行き渡るようになるため、バテにくい身体に繋がりますね。

 

 

 

簡単!にんじんとツナのマリネの作り方

今回ご紹介するレシピはとても簡単!材料はシンプル、火を使いません。
栄養満点の料理ですので、さっそく作ってみましょう!

 

 

【材料】
・にんじん:1本
・ツナ缶:1缶
・和風だしの素:小さじ1
・ごま油:小さじ1
・塩:少々
・味付塩こしょう:少々

 

 

【作り方】
1.にんじんの皮をむき、千切りにします。
2.ボウルに、全ての材料を入れ、全体をざっくりと混ぜ合わせます。
3.ボウルにラップをし、電子レンジ(500W)で4分程度加熱します。
4.加熱後、しっかりと混ぜ合わせて完成です。

 

 

 

抗酸化作用とは?

抗酸化作用」とは、活性酸素を取り除いたり、活性酸素の働きを抑えたりする作用のこ
とを言います。
活性酸素とは、細胞老化を早めたり、がん細胞増加動脈硬化など様々な病気の原因になったりするもので、激しい運動をするアスリートは体内で活性酸素が発生しやすいと言われています。
アスリートはより意識して抗酸化作用のある食品を食べるよう心掛けたいですね。
では、抗酸化作用のある食品とはどのような食品なのでしょうか。
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEは、抗酸化ビタミンと言われており、活性化酸素の働きを抑える働きがあります。
今回のレシピで使用しているにんじんには、βカロテンが豊富に含まれていますが、βカロテンは体内でビタミンAに変換され、身体に吸収されます。
βカロテンはとの相性がいいです。
今回のようにごま油と和えたり、油を使った炒め物にしたりすると、より体内に吸収されやすくなりますよ。
抗酸化作用は美容だけでなく、アスリートにとっても重要なワードであることも分かりましたね。
今回は抗酸化作用のあるにんじんとツナを使ったレシピを紹介しました。
抗酸化作用の面だけでなく、アスリートにとってメリットのある一品となっていて、とても簡単に作ることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

動画引用元:人参と調味料だけ!無限やみつきニンジン!料理、レシピ / carrot、simple、recipe、howto、cooking、인삼、레시피、recette、ginseng

ライター名:Mio

ライター名

Mio
Mio
中学・高校…バスケットボール
大学…アメリカンフットボール部でアスレチックトレーナー
資格:スポーツフードアドバイザー



ABOUTこの記事をかいた人

中学・高校…バスケットボール 大学…アメリカンフットボール部でアスレチックトレーナー 資格:スポーツフードアドバイザー