栄養満点! ラグビー日本代表選手の7割が食べている北出丼とは?

日本のラグビー選手である北出卓也選手。
身長は180cm、体重は100kg超のアスリートです。
そんな北出選手が作った料理「北出丼」。
美味しくて、栄養もあることから、日本代表選手の7割が食べているとか。
北出丼の作り方の紹介と栄養面の解説をします。

 

 

 

北出卓也選手とはどんな選手?

北出卓也選手は、日本ラグビートップリーグの「サントリーサンゴリアス」というチームに所属するラグビー選手です。(2019年現在
1992年(平成4年)9月14に生まれ、京都府出身で、2019年に行われたラグビーワールドカップで日本代表選手に選ばれました。
2019年現在、ポジションはフッカーです。
フッカーは、体格が大きく、パワー器用さがある選手に任されることが多いです。
北出選手は、3歳ころからラグビーを始め、西陵中学東海大仰星高校東海大学を経てサントリーに入部しており、ラグビー歴がかなり長い選手ですね。

 

 

 

北出丼のレシピをご紹介!

【材料】

  • 白ごはん
  • 卵白
  • かつお節
  • 白だし
  • きざみのり
  • ●高菜
  • ●しらす
  • ●ねぎ
  • ●明太子
  • ゴマ油
  • 卵黄

 

 

【作り方】

  1. ボウルに卵白ご飯を入れ、混ぜ合わせる。
  2. 1にかつお節をいれ、混ぜ合わせる。
  3. 白だし大さじ1/2を入れ混ぜ合わせる。
  4. 3を丼に盛りつける。
  5. ご飯の上にきざみのりをかける。
  6. ●の材料を5の上に盛りつける。
  7. 明太子にかからないように、ゴマ油を回しかける。
  8. 最後に卵黄を乗せて完成。

 

 

 

北出丼の栄養面は?

北出丼の栄養面について解説します。
まず、白米ですが、運動する際のエネルギー源になる糖質を多く含む食品です。
トッピングのしらす明太子は筋肉や血液を作るたんぱく質が多く含まれる食品です。
試合や練習、トレーニングをすると筋肉は損傷してしまいます。
損傷した筋肉を修復するために、たんぱく質アミノ酸が必要になります。
北出丼は、しらすなどのたんぱく質を含む食品を何種類も使っているので、アスリートにとって嬉しい丼だと言えますね。
また、高菜にはビタミンB群が豊富に含まれています。
ビタミンB群は「回復のビタミン」とも言われており、糖質たんぱく質の代謝を助ける役割があるので、アスリートは積極的に摂りたい栄養素です。

 

 

北出丼は火を使わず、簡単に作ることのできる料理です。
栄養面も優れているので、ぜひ作ってみてくださいね。
もちろんお味も美味しいですよ。



動画引用元:【丼レシピ】ラグビーで話題!北出選手特製の『北出丼』をアレンジしたら美味しすぎた♪【ラグビー】【ワールドカップ】【北出選手】【日本代表】【丼ぶり研究

ライター名:Mio

ライター名

Mio
Mio
中学・高校…バスケットボール
大学…アメリカンフットボール部でアスレチックトレーナー
資格:スポーツフードアドバイザー