カレーはイチローの勝負メシ!毎日カレーでも大丈夫?

現役を引退したイチローさんが、毎日カレーを食べていたのは有名な話ですよね。
毎日同じものを食べることで、栄養が偏ってしまうのではないかと心配の方も多いかと思います。
今回は、イチローさんのカレーライフや、カレーの栄養価についてご紹介します。

 

 

 

なぜイチローさんはカレーを食べていたのか?

日本を代表する野球選手であったイチローさんは、メジャーリーグに在籍している期間、ほとんど毎日カレーを食べていた時期があります。(あるときから、カレーを毎日食べる習慣はやめられたようです。)

 

毎日カレーを食べていた理由は、いろいろ考えられますが、大きく2つあると言われています。

 

1つ目は、カレーを食べることがイチローさんのルーティンワークであったこと。
イチローさんは、ルーティンワークを非常に大事にしていた選手で、ネクストバッターサークルから打席で静止するまでの間に必ず行う動作が、17種類もあったようです。
同じように、カレーを食べることも1つのルーティンワーク。
野球に集中するために、「何を食べようか」などと考える時間を削ったのかもしれませんね。

 

2つ目は、カレーが好きであること。
栄養バランスカロリーなどを考えて、たくさんの種類の食材を食べ、最高のコンディションを作り上げているスポーツ選手はたくさんいますが、イチローさんの考え方は違っていました。
イチローさんは、「食べたいものを食べられないストレス」は、野球のパフォーマンスに影響すると考え、好きな食べ物であるカレーを食べるようになったと言われています。
自宅にいるときは、妻の弓子夫人が作る手作りカレーを食べていたそうですよ。

 

 

 

カレーの栄養価は?

「毎日カレーを食べて栄養が偏らないのだろうか?」という点ですが、3食全てがカレーなわけではないので、不足する栄養素は、他の2食で補うことができます。
しかも、カレーは糖質である白米、たんぱく質である肉類、ビタミンミネラルが含まれる野菜などで作られているため、栄養バランスが良い料理と言えます。

 

不足している栄養素は、カルシウム、生野菜やフルーツなどに豊富に含まれるビタミンCなどです。
付け合わせに、生野菜のサラダや食後のフルーツ、飲み物に牛乳などを添えれば栄養バランスが整いますね。

 

イチローさんの勝負メシはいかがでしたか?
毎日カレーでも、ほかで補えば栄養は偏りづらいことがわかりましたね。
みなさんも、イチローさんの勝負メシカレー」で、パフォーマンスの向上を目指してみてはいかがでしょうか?



動画引用元:イチロー ct 1 毎日がカレー曜日編

ライター名Mio