試合前の食事にぴったり! ほっこり美味しいほうとうの作り方

山梨県の郷土料理「ほうとう」は、試合前の食事におすすめです。
あたたかい味噌仕立てのスープに、もっちりとした太麺とたくさんの具材を煮込んである料理で、栄養バランスも優れています。
今回は、ゆでうどんを使った手軽に作れるレシピを紹介しています。

 

 

 

ほうとうは試合前に最適!?

「ほうとう」は山梨県の郷土料理です。
基本的には、小麦粉を練った太くて長い麺を、かぼちゃなどの野菜と一緒に味噌仕立ての汁で煮込んだものです。

 

 

試合前3~4時間前)の食事は、高糖質+低GI値の食事が良いとされています。
まずは、高糖質についてですが、ほうとうは、小麦粉でできた麺が入っているため、しっかりと糖質を取ることができます。
そして、かぼちゃ白菜などの野菜をたっぷりと入れることで、糖質が多めであるにも関わらず、GI値低く抑えます。
また、を入れることで、たんぱく質も摂ることができ、栄養バランスの良い一品にすることができ、味にコクが出ますよ。
しっかりと煮込んであるので、消化も良く、胃腸への負担も低いです。
温かく、身体を冷やすこともないため、試合前の食事にぴったりですね。

 

 

 

ほうとう風うどんの作り方

今回は本物のほうとうではなく、より手に入りやすいゆでうどんを使ったレシピをご紹介します。

 

 

材料(2人分)】

  • ゆでうどん:2玉
  • かぼちゃ:約150g
  • 豚バラ肉:2枚
  • しいたけ:3枚
  • 長ネギ:20cm
  • 白菜:約150g
  • 味噌(だし入り):大さじ2.5
  • 麺つゆ(3倍濃縮):100cc
  • 水:700cc

 

今回は以上のような具材を使用しましたが、お好きな野菜やお肉で作ることができます。
油揚げえのき茸人参などが相性の良い具材です。

 

 

作り方

  1. 具材を切ります。
    ・カボチャ:6~7mm程度の厚さ
    ・ねぎ:1cmぐらいの厚さ
    ・白菜:食べやすい大きさにざく切り
    ・しいたけ:いしづきを落とし、2~3mm程度の厚さ
    ・豚バラ肉:2~3cm程度の幅
  2. 鍋に、カボチャを入れ中火にかけます。
  3. 2が沸騰したら、他の野菜をいれます。
  4. 3が沸騰したら、豚バラ肉をほぐしながら入れ、アクが出てきたらすくい取ります。
  5. 麺つゆを入れ弱火5分程度煮ます。
  6. カボチャの周りが少し崩れてきたら、味噌を溶かし入れます。
  7. 最後にうどんを入れ、中火にして2~3分煮たら完成です。

 

かぼちゃの煮込み具合で味わいが変わってきます。
煮込み時間が長く、かぼちゃが煮汁に溶け込むほど濃厚な味わいになりますよ。
お好みで煮込み時間を調整してくださいね。

 

 

材料を切って、鍋にどんどん入れていくだけなので、比較的簡単に作ることができます。
栄養のバランス消化吸収の良いほうとう。
ぜひ、大切な試合の前に食べてみてください。



動画引用元:ほうとう風うどんの作り方✿日本の家庭料理【日本通tv】

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。