プロスポーツ選手の食事をいつものお弁当に~野球編~

プロのスポーツ選手が活躍できているのは、周りのサポートがあってこそ。アスリートの妻で食事の面からもサポートしていたことで有名な、里田まいさんの作った料理をお弁当作りのヒントに、スポーツを頑張ってもらいましょう!

里田まいさんのブログから、とある日の食事風景。

メニュー:大根、筍、人参の煮物焼き鮭、ひじき納豆、タコとワカメの酢の物、キムチ、野菜サラダ、胚芽米、シメジとワカメのお味噌汁

出典:ペコリ 里田まいさん

 

 

1食でこのおかずの量!!バランスや栄養、量も考えられていて、素晴らしいですね。このメニューで気になったのが、「発芽米」です!(※ブログ内では発芽米と記載ありますが、発芽米=発芽玄米で、一般的に発芽玄米と言われることが多いので、以後、記事内では発芽玄米と記載します。)

白米はパスタやパンなどに比べてエネルギー量は多いけれど、脂質が少なく、効率的にエネルギーを補給できるので、アスリートにとって重要な主食です。その米の中でも、この日のメニューとして出ている発芽玄米は、特に子供たちにオススメなんです!

発芽玄米ってそもそも何?という方もいるかもしれませんが、下記に記載した通り、玄米よりも栄養価が高く、完全食と呼ばれたりもしています。

玄米をわずかに発芽させたのが発芽玄米です。発芽の際に眠っていた酵素が活性化し、出芽のために必要な栄養を玄米の内部に増やしていきます。そのため、玄米よりも栄養価が高いのです。さらに硬い糠もやわらかくなるため、白米と同様に手軽に炊飯できます。

出典:一般社団法人高機能玄米協会

 

では、なぜ子供に特にオススメなのか、理由を3つにまとめました!

【その1】カルシウムが白米の約2倍

ご存知の通り、骨を作っている成分の一つで、子供の成長には欠かせない栄養素。またスポーツをした場合、汗をかくとカルシウムも同時に出ていってしまいます。なので不足してしまうと骨がもろくなって、疲労骨折につながる恐れがあるのです。なので、スポーツをやっていない子供より、カルシウムを摂取するよう努めなければなりません。

【その2】マグネシウムが白米の約4.8倍

実はマグネシウムも骨の成長に重要な成分!骨の強度や弾力性を調整する役割を持ちます。また、ハードな練習や持久力が必要なスポーツを行う上でも欠かせないミネラルの一つです。体を動かす時に消費されるエネルギーを作り出すのにマグネシウムが必要だったり、カルシウムが筋肉の収縮を、マグネシウムが筋肉の弛緩を行なっているのです。なので、カルシウムとマグネシウムのバランスは非常に重要と言えるでしょう。

【その3】食べやすい

玄米は少し硬くて食べにくいイメージがある方もいるかもしれませんが、発芽玄米は玄米に比べて食べやすく、苦味もないので、子供たちにとっても食べやすいのではないでしょうか。

いつものお弁当の白米を発芽玄米入りごはんにするだけで、さらに栄養バランスのとれた食事にしませんか?

 

 

 

【★発芽玄米ごはんのお弁当レシピ★】

■鮭と枝豆のごはん

【材料(3合分)】発芽玄米:1合白米:2合、塩さけ(焼いたもの):2切れ、枝豆(茹でてさやから出したの):1/2カップ、酒:大さじ2、塩:少々、白ごま:大さじ1

【作り方】

1)白米はとぎ、軽くすすいだ発芽玄米と合わせて30分水にひたしておく。

2)1)をザルに上げ、炊く直前に内がまに入れ、水と酒を合わせて3合分の水加減にし、発芽玄米1合分の足し、水1/4合を加え、さけをのせて炊く。

3)2)を15分蒸らし、さけの皮と骨を取り除き、枝豆、白ごまを加えて混ぜ合わせ、味をみて塩で調える。

出典:ファンケル