カリッと美味しい! 唐揚げでタンパク質を摂ろう

みんな大好き唐揚げ
美味しくて、タンパク質も豊富な料理です。
鶏肉には、タンパク質以外の栄養素も豊富に含まれているので、アスリートにはピッタリ!
栄養満点の唐揚げの栄養面と、作り方を解説します。

 

 

 

鶏もも肉の栄養について

鶏もも肉は、鶏肉の中でもジューシーで食べ応えがありますよね。
鶏のにつながる部位で、歩いたり走ったりするためによく使われます。
脂肪が多く、コクのある味なので、今回ご紹介する唐揚げや親子丼煮物などに適しています。

 

 

栄養面については、タンパク質脂質だけではなくビタミンミネラルも豊富に含まれています。
代表的な栄養素は、ビタミンAビタミンB群鉄分亜鉛などです。
ビタミンAはアスリートにとって重要な健康を保つのに役立ちます。
ビタミンB群は、糖質や脂質をエネルギー変換するために必要な栄養素で、効率よくエネルギーを得ることができると同時に、疲労回復にも役立つことが期待できます。
さらに、アスリートは酸素の消費が激しいので、貧血になりやすいと言われています。
鉄分を十分に摂取して、貧血を予防したいですね。

 

 

 

片栗粉と小麦粉の違いとは?

唐揚げと作るとき、衣を片栗粉で作る場合と小麦粉で作る場合がありますよね。
見た目は、両方とも白い粉末で似ていますが、片栗粉はじゃがいものでんぷんが原料で、小麦粉は文字通り、小麦を挽いて粉末状にしたものです。
片栗粉で衣付けをした場合、さくっとした軽い柔らかな食感に仕上がります。
多めにまぶせば、ザクっとした食感にもなります。

 

 

一方、小麦粉にはグルテンが含まれているため、カリっとした歯ごたえのある食感に仕上がります。(グルテンはうどんなどにコシを出すもので、弾力があります)
また、グルテンは水分を吸いにくいという性質があるため、揚げて時間が経ってもベタっとしにくいという特徴もあります。

 

 

衣作りで、片栗粉と小麦粉のどちらかで迷った場合は、どんな食感にしたいのか、いつ食べるのかを考えて、その都度変えてみてくださいね。
今回ご紹介するレシピは、小麦粉と片栗粉を混ぜて作っています。

 

 

 

唐揚げの作り方

【材料】
・鶏もも肉 :1.5㎏
・●にんにくすりおろし:
・●しょうがすりおろし:にんにくの約半分の量
・●味の素:適量
・●塩、コショウ:適量
・●醤油・酒:大さじ4
・●みりん:大さじ2
・●味覇(中華だし):大さじ1
・片栗粉 小麦粉:大さじ5〜7
・卵:3個

 

 

【作り方】

  1. 鶏もも肉を皮ごと大きめにカットします。目安は鶏もも肉1枚につき、4等分です。
  2. ●の調味料を切った鶏肉に揉み込みます。
  3. 2の鶏肉に片栗粉小麦粉をしっかりと混ぜ合わせ、冷蔵庫に半日置いて味を染み込ませます。
    このように、味付けと同時に粉類も一緒に揉み込むことにより、衣がはがれにくく、揚げ油も汚れにくくなります。
  4. 冷蔵庫から3の鶏肉を取り出し、常温に戻します。
  5. 鶏肉を揚げていきます。
    まずは、160度の油で約3分間揚げて取り出し、4分ほど置いて予熱で火を通します。
    できれば、たっぷりの油で揚げるのがおすすめです。
  6. カラット仕上げるために、高温で2度揚げをします。
    油の温度は180度くらいで、揚げ色がついたら取り出して完成です。
  7. 味付けも衣も一度につけてしまうので、比較的楽に作ることができます。
    夜に衣までつけておけば、次の日の朝に揚げることができるので、お弁当のおかずにも便利ですよ。
    栄養たっぷりでおいしい唐揚げ。
    ぜひ試してみてくださいね。



動画引用元:【144万再生超え】今年一番愛された世界一美味い唐揚げをもう一度作ってみた!! The best Japanese fried chicken in the world फ्राइड चिकन

ライター名:Mio

ライター名

Mio
Mio
中学・高校…バスケットボール
大学…アメリカンフットボール部でアスレチックトレーナー
資格:スポーツフードアドバイザー