サッカー ロングキック 距離をのばす蹴り方・ポイント

サッカーをするために、身に付けておきたい技術のひとつ「ロングキック」。
なかなか距離を伸ばせず、ロングキックが難しいと悩んでいる方に、今回はロングキックをマスターするための大切なポイントをご紹介します。

 

ロングキックをマスターする

ロングキックをするときに、どんなふうにボールを蹴っていますか?

ロングキックは、しっかりとボールの下に足をいれるイメージで蹴ることが大切です。
正面からボールを蹴るのではなく、少しだけインフロントにあてるイメージでやってしましょう。

実際に以下の動画で確認すると、蹴る足が横向きになっており、インフロント気味であてていることがわかります。



動画引用元:【サッカー】ロングキックが飛ぶ蹴り方教えます!

 

ボールを下からつま先で蹴って、バック回転をかけてロングパスをする方がいますが、これはロングキックではなく「中距離向け」の蹴り方です。
ロングキックのときは、足の向きを変え、蹴り方を変えないと目的とする場所まで届きづらくなってしまうのです。

ロングキックをしようとするとき、ボールの中心に向かって蹴ってしまいがちですが、これではシュートのキックになります。
ロングキックをするときには、ボールの下を舐めるようにして蹴ることをイメージしましょう。

 

軸足は適切な距離感を

また、軸足も大切です。
軸足がボールに対して近すぎると窮屈になってしまうので、うまく蹴ることができません。
逆に、広すぎても踏ん張りがきかず、これも距離を飛ばせなくなってしまいます。

軸足とボールの間に適切な距離をとり、カッティングするように足をとって蹴りましょう。

 

ロングキック上達のまとめ

・足を横にし、インフロント気味にあて、ボールの下をカットするように蹴る
・踏み込む軸足の距離を意識して、適切な距離をとる

この2点が、ロングキック上達における重要なポイントとなります。

ロングキックをするとき、イン回転をかけてボールの外側を蹴ってしまいがちですが、しっかりと足をまっすぐ振って、ボールの下を蹴ることを意識するようにしましょう

今回ご紹介した練習法を参考に、徐々に距離を伸ばして、ひとつずつステップアップをしていきましょう!
ポイントを意識して練習すれば、理想のロングキックを習得することができるはずですよ。

 

ライター名:チョコ