久保建英選手 子供時代にやっていた練習から学ぶ シュートの秘訣

今回ご紹介するのは、サッカーの基本「シュート」を学ぶ練習法です。
日本代表のプロサッカー選手・久保建英さんがお父さんと実際におこなっていたシュートの練習とポイントをご紹介します。

 

シュートを制する

はじめに、ゴールまたはコーンなどでゴールの目印となるものをつくり、ゴールに向かってシュートをする人と向かい合ってゴールキーパーを立てます。

コーンを基準とした「端っこ」のみをゴールと認め、真ん中のエリアに入ったシュートはゴールと認めないというルールを定めておきましょう。

このルールに従い、ゴールに向かって何度もシュートをしていきます。
慣れてきたら、ゴールキーパーがわざと先に動き、キッカーはゴールキーパーの動きを見てから逆のコースを狙えるように練習していきましょう。

実際に動画で、シュートの練習法について確認してみてください。



動画引用元:【久保建英】実際にやってた練習法「シュート編」 【How to shoot training by Kubo】

(※参考…1分27秒まで)

 

意識するべき大切なポイント

この練習での大切なポイントは、シュートは端っこを狙うことと、ゴールキーパーを見てシュートを打つことです。
シュートはできるだけコーンの高さより低めの位置を狙って、「とりあえず蹴ればいいや!」というシュートではなく、一球一球しっかりと狙ったコースのところに蹴るように意識してみてください。

ゴールキーパーは、端っこではなく真ん中にきたボールはしっかりと止め、キッカーに「真ん中に打つと止められるという意識を持たせましょう。

 

声がけをして楽しく技術を向上させよう

練習を楽しく行っていくためにも、ゴールキーパーがキッカーに対して“声がけ”することも大切なポイントです。
キッカーが良いシュートをしたときには、「ブラボー!」などの声をかけて、盛り上げていくと楽しくサッカーを学ぶことができますよ。

実際に、久保建英選手もこのようにお父さんとシュートの練習をしていたそうです。
これから、日本代表を目指したいと思っている方も、あらためてこの基本のシュート練習を行ってみてくださいね。

 

ライター名:チョコ