1人でできる サッカー・ドリブルを習得する練習5選

サッカーの練習をするにはパートナーが必要と思われていますが、実はひとりでも練習をすることができます。
今回は、ひとりでできるドリブルの練習を5つご紹介します。

 

ドリブルの基礎を学ぶ練習法

今回ご紹介する練習では、ドリブルの基礎を学びながら細かいタッチやタッチの力加減、素早い体重移動を習得することができます。
さっそく練習していきましょう。

 

ドリブル練習法5種と大切なポイント

はじめにマーカーを4つ並べたら中の2つを抜いて、その間隔を保ちながら一列にマーカーを並べていきます。
ひとつめに練習するのが片足1タッチドリブルです。
イン・アウトで1タッチずつさわって、マーカーをジグザグと抜けていく練習法です。
ワンタッチの力加減を学びながらおこなうことを意識してみてください。
1タッチが大きくなりすぎないように注意することがポイントです。

次に練習するのが、片足小刻みドリブルです。

イン・アウトで細かく2~3タッチで触りながら、先ほどと同様にジグザグと抜けていきます。
タッチをしながらも細かくステップを踏むことがポイント
ボールタッチを細かくするには、ステップも細かくすることが重要なので、この技術を習得していきましょう。

次がアウトサイド1タッチドリブルです。
アウト(両足)のみで1タッチずつ触りながらジグザグと抜けていきます。
はじめに紹介した練習と一緒で、1タッチの加減を意識しながら練習しましょう。
また、タッチをした後の素早い体重移動も重要です。

次はイン・アウトドリブルです。
両足のイン・アウトのタッチをつかってジグザグで抜けていきます。
タッチとタッチの間の時間をなるべく短くして、次のタッチをなるべく早くおこなうようにしましょう。

最後は片足ジグザグドリブル
イン・アウトで細かく3~4タッチで触りながらジグザグと抜けていきます。
ここではマーカーをひとつ飛ばしにジグザグに並べます。
ジグザグと抜けていきますが、目安は3~4タッチと、増やすことをイメージしてみてください
先ほどよりも幅ができるので、ターンもうまく使いながらおこないます。

 

マーカーをつかった練習法を5つご紹介しました。
ひとりでもできる練習法なので、時間をうまく活用してドリブル技術を磨きましょう!

今回の練習内容はこちらの動画でも確認できるので、チェックしてみてくださいね!

 

動画引用元:【サッカー】1人で出来るドリブル練習5種! 〜ドリブルの基礎を磨く!〜

ライター名:チョコ