「運ぶドリブル」を身に付ける サッカートレーニング

サッカーの基礎でもあるドリブル。

もっとドリブルが上手にできれば……と考えたことはありませんか?
ここでは、『運ぶドリブル』を身に付けるトレーニングについてご紹介していきます。

 

 

 

コーンドリブル(インサイド)でドリブルを制す

さっそく『運ぶドリブル』を身に付けるために、『コーンドリブル(インサイド)』の練習法をご紹介していきます。
今回の練習でつかうものは、コーンです。
コーンを目安にボールを扱いやすいところまでいき、コーンに背中を向けてインサイドでターンをします。
これを、目安に置いたコーンすべてにむかって繰り返しおこないましょう。
コーンのギリギリまで行ってターンしなければいけない、などの決まりはありません。
そして、帰りはトップスピードで戻ってきます。

 

 

 

意識するべきポイント

はじめのドリブルはゆっくりでもいいので、コーン前でのターンをスムーズにおこなえるように意識してみてください。

  • ターンの際ブレーキをかけず、同じスピードでターンすること
  • ボールは大きく動かさずにコンパクトに動き、最短でターンすること
  • 体重移動しすぎて体がぶれないようにすること

これらを意識すると、スムーズにターンがおこなえるはずですよ。

 

 

 

練習内容のおさらい

今回の練習内容をまとめると、

  • 置いてあるコーンに対してドリブルし、コーンの前でスムーズにターンをする
  • コーン前でターンをして方向転換、を繰り返しおこなう
  • 帰りはトップスピードで戻る

この練習では、ターンをスムーズにおこなえるかどうかがポイントになります。
ターンをコンパクトにスムーズにおこなえるように、何度も練習しましょう!
この練習を繰り返しおこなうことで、きっとドリブルスキルがぐっと向上するはずですよ。
1人でもできるトレーニングなので、空き時間をみつけて積極的に練習してみてくださいね。

ここまでの練習内容は、こちらの動画で詳しくご紹介しています。



動画引用元:川崎フロンターレU-10の「運ぶドリブル」を身に付けるトレーニング1

 

ライター名:チョコ