タイムロスしない 走りながら綺麗に飲む給水方法

いざ、マラソン大会!
10km以上の大会になると、給水所がある大会が多いと思います。
その給水所で飲み物を取ったり、飲んだりした時、下記のような失敗をしたことはありませんか。

 

・コップを取った時、水がこぼれてしまい、あまり飲めなかった
・他のコップを倒してしまった
・飲もうと思ったら、顔にかかってしまった

 

走りながらの給水は慣れていない場合、上記のようなちょっとした事故が起こり、少し動揺してしまう事もあります。
一度止まって飲む事ももちろん可能ですが、タイムロスしたくないので、できれば走りながら綺麗に飲みたいですよね。

そこで今回は、給水のちょっとしたコツで、走りながら綺麗に水分を飲める、ポイントをご紹介します

※今回の給水ポイントについては、紙コップで水分が提供された場合のみに限ります。

 

 

ポイント

・人差し指と中指をコップに入れて、コップを取る

これは、他のコップを倒さないようにしたり、中の水をこぼさないようにする方法です。
全部の手を使ってコップを取るより、コップに手を入れた方が、中の水分もこぼれにくくなるという事です。

・コップを半分に折り、さらにコップを半分に折って飲む

これは、走りながら飲むと、一気に飲み物が出てきて、顔に水がかかってしまったり、口に勢いよく水が入るのを避けるための方法です。

 

説明のみではわかりにくい部分もあるかもしれないので、ぜひ下記の動画もご覧ください。



動画引用元:【マラソン】 給水ってどうやるの?

 

ちなみに動画では、コップを2回折り曲げるよう説明がありますが、私の場合、一回半分に折り、その折り目から水を飲むという方法でも、大量の水が口に溢れることなく、少量ずつ飲めるので、飲みやすくなりました

給水のことは正直、普段の生活や練習では忘れてしまいがちで、大会当日になって、ハッと思い出す方も多いかもしれませんが、苦手だなと感じる方は、少し意識して実践してみるといいかもしれません。