高橋尚子  腹筋を鍛えてレース後半もバテない体づくり

マラソンには腹筋も重要です。

腹筋を鍛えると、マラソンの後半に強い身体が手に入ります。
全身の筋肉を効率よく使うことができるようになるので、スピードアップにも効果的です。
マラソンをレベルアップさせたい方は、腹筋を鍛えることがマストのようですね。

しかし、腹筋を全部鍛えるためには、複数の腹筋トレーニングを行う必要があります。
今回は高橋尚子さん直伝!効率よく腹筋のあらゆる部分を鍛える方法をご紹介します。

 

腹筋全体を鍛える

・足をベッドなどで固定させる。
・頭の後ろで手を組む。(反動をつけないように腕は横に真っ直ぐ)
・上体は床につけずに、少し後ろに倒した状態から前に引き寄せる。
・元に戻す。
・5回繰り返す。

 

 

胸の下の腹筋を鍛える

・床に上体をつける。
・太ももを上体に対し垂直に上げ、膝を90度に曲げる。
・手を頭の後ろで組む。
・首だけを前に引き寄せる。
・元に戻す。
・5回繰り返す。

 

以上、今回は2種類の腹筋方法をご紹介しました。

下記に腹筋のトレーニング方法について詳しい解説のある動画がありますので、ぜひご覧ください。
※上記の2種類の腹筋方法は、2:06までに解説があります。



動画引用元:高橋尚子(Qちゃん)の腹筋トレーニング

 

ポイント

筋力トレーニングは、ダラダラと行わないことがポイントです。
音楽をかけて1曲終わるまでに終わらせる!と意識すると、ダラダラせずに筋力トレーニングを行うことができます。

 

【参考URL】
腹筋トレーニングの効果と方法

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。