膝の痛みを感じる方におすすめ!簡単セルフチェック「ニーベントテスト」

ランニングをする人が一度は経験する膝の痛み
その原因はランニングフォームにあるかもしれません。
そんな膝の痛みを感じる人、またランニングフォームを確認したい人にもおすすめのセルフチェックをご紹介します。

 

「ニーベント」とは?

「ニー」は「膝」「ベント」は「曲げる」の意味を持つ英語。
片膝を90度に曲げ、腰を落とした状態です。
ニーベントウォークは、膝を痛めたランナーのリハビリにも利用されるなど、ランニングの基本姿勢ともいえます。

 

ニーベントテストのやり方

手を腰に添え、片足で立ちます。
膝が90度になるようにゆっくりと腰を落としていきます。
ニーベントテストは、鏡の前や、スマホでの撮影など、自分のフォームがチェックできる環境で行いましょう。
その際、人差し指がまっすぐ前を向いていることを確認してください。(つま先が外側に向きがちですが、向きがずれてしまうと正しいフォームチェックができません。)

 

チェックポイント

  • 膝はまっすぐ前を向いているか
    足を曲げて腰を下げたときに、膝がまっすぐ前を向いたままであればOK。
    膝が内側に入ってしまっている場合は、膝を痛めやすいフォームになっています。
    膝が内側に入ってしまう人は、お尻スクワトット・お尻ランジなどの中殿筋のトレーニングがおすすめです。
    また、シューズやインソールでのサポートも有効です。
  • そもそも腰を落とせない・ふらつく
    コアや中殿筋のトレーニングをしましょう。
    また、足裏センサーが機能していない場合もあるので、安定性を高めるトレーニングを行いましょう。
  • 膝の向きがまっすぐで、フォームに問題がないのに膝が痛い
    フォームではなく、筋肉の柔軟性など他の要因が考えられます。
    運動前だけではなく、運動後もしっかりとストレッチを行いましょう。

 

慣れてくると自己流になりやすいランニングフォーム。
定期的にセルフチェックを行い、体に負担のないランニングを楽しんでくださいね。

 

詳しい内容については下記の動画も参考にご覧ください。



動画引用元:17.ニーベントテスト-マラソンランナーのためのセルフチェックテスト【ランニングの成功法則】

ライター名:Jourd