前ももを使って走ってる? 前ももチェックと正しいフォーム

ランニングをすると腿が疲れやすい
・ランニングで脚が太くなった

上記のように感じたことがある方は、無意識のうちに足にブレーキをかけながら走っているかもしれません
推進力をフルに発揮するためのポイントは「前腿(もも)」。
今回は前腿を使わないランニングフォームについてご紹介します。

 

ポイントは「足の引き上げ」

一般的に「前に進む=足を引き上げる」ときには前腿(大腿四頭筋)使います。
しかし、ランニングにおいてはこの前腿は通称「ブレーキ筋」と呼ばれ、推進力を抑制する働きをします。
つまり、前腿を使って足を引き上げていると、知らず知らずのうちに推進力にブレーキをかけてしまっていることになります。

 

前腿チェック

  • 足だけが筋肉がつく
  • ランニング後に前腿が張る/疲れる
  • ランニング中の重心がうしろに傾いている
  • 膝や足首を痛めやすい
    これらに当てはまった方は、前腿を使って足を引き上げているかもしれません。

 

 

大腰筋を使おう

「ブレーキ筋」である前腿の変わりに足を引き上げてくれるのが「大腰筋」です。
大腰筋は、上半身と下半身をつなぐインナーマッスル。
前腿を使う代わりにこの大腰筋を使って足を引き上げることで、より楽に、より速く走ることができます
また、大腰筋をうまく使うことができるようになることで、腿の疲労が軽減され、連動する膝・脚のケガも予防する効果が期待できます。

 

 

前腿使わないランニングフォームのポイント

  • 重心の中心に着地する
    重心がうしろに傾いている場合、前腿による引き上げに頼りやすくなってしまいます。
  • 腕を振るのではなく腕を「引く」
    上半身と下半身の動きが連動し、大腰筋を使いやすくなります。
  • 股関節、膝、足首の機動性を高める
    特に股関節の機動性が高まることで、前腿に頼らずに足を引き上げることができます。

 

 

おわりに

前腿に頼らないフォームを身につけて、さらなるパフォーマンスアップを目指してください。
より詳しい内容は下記の動画も参考にご覧くださいね。



動画引用元:ランニングで前腿を使わない方法

ライター名
Jourd

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。