ハーフマラソンで自己ベスト更新!2つのトレーニング方法

今回は、ハーフマラソンで自己ベストを更新したい!
という方に向けて、必ずおさえるべき2つの基礎トレーニングについて紹介します。

 

 

 

タイムをあげるための2つのポイント

マラソンにおいて、パフォーマンスをあげるためのポイントはいくつかありますが、中でもハーフマラソンの記録を伸ばすためには、

  1. 心肺の強化
  2. ペース維持

の2つが特に重要なポイントとなります。

 

ただ単に完走を目指す場合、自分の苦しくないペースで走り切る、つまり心肺に負荷をかけずに自分のペースで走り切ればいいですが、自己ベストを狙う場合、ある程度心拍に負荷をかけた状態を長時間キープしながら走り切ることが求められます。

そのため、負荷に負けないための心肺強化と、その状態をキープするペース維持がポイントとなるのです。

この2つのポイントを強化することで、ハーフマラソンはもちろん、さらに長いフルマラソンのタイムアップも期待できます。

 

トレーニング方法1:インターバル走
インターバル走は、心肺強化を目指すためのトレーニングです。
速く走ったあとにゆっくり走る、といったように、疾走と緩走を繰り返し行います。
インターバル走は負荷が高いため、心肺機能が強化されます。
心肺機能が高まることで、楽な呼吸で速く走ることができるようになります。

トレーニング方法2:ペース走
ペース走は、マラソンのペースを底上げし、そのペースを維持して走り切るためのトレーニングです。
実際のレースよりも短い8km~10km程度を、実際のレースペースよりも速いペースで走ります。
まずは短い距離から始め、徐々に距離を伸ばしていくことで、レース全体を通じたペースの底上げを狙います。

 

注意点

この2つのトレーニングは効果的な一方、体への負担が大きいので、トレーニングのやりすぎには十分に注意しましょう。

2つのトレーニングを取り入れて、自己ベスト更新を狙いましょう。
さらに詳しい内容は、以下の動画を参考にご覧ください。

 

 

動画引用元:ハーフマラソンで記録を伸ばすトレーニング

 

ライター名
Jourd

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。