マラソン時の呼吸法で口呼吸をおすすめする理由とは

普段、口呼吸鼻呼吸かを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。
ただし、マラソンランナーにとって、呼吸はとても重要です。
普段の呼吸と走っている時の呼吸はまったくの別もの。
マラソン時の呼吸に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

マラソンには口呼吸が良い理由

マラソン大会レーススピード練習をする場合には、口呼吸がおすすめです。
人間は、ただ呼吸をするだけでもエネルギーコストがかかります。
エネルギーコストとは、人がエネルギーを使う量のことです。
エネルギーコストがなくなると、人は動けなくなります。
空気を吸い込むときに、口から肺へと空気が入っていく過程で抵抗がかかり、この抵抗によりエネルギーコストが消費されるのです。
この抵抗が最も少ない経路とされているのが、口呼吸です。
そのため、日常生活健康のために運動を行っている場合は鼻呼吸でも問題ありませんが、マラソン大会やレースに出場する場合は、エネルギーコストが少ないほうが有利であるため、口呼吸のほうが効率が良いということを覚えておきましょう。

 

 

逆に、鼻呼吸では心拍数が上がってしまうということが、研究によって立証されています。
つまり、口呼吸のほうが酸素を多くに取り込めることができ、心拍数も上がりにくいということですね。

 

 

 

鼻呼吸がランニングやジョギングに良い理由

健康のために、ランニングジョギングを日々行っているという方には、鼻呼吸がおすすめです。
鼻呼吸は、人間にもともと備わっている自然呼吸法です。
鼻呼吸のメリットとして挙げられるのは、

 

・喉の乾燥を防ぐことができる
・空気中の排除できる
体温に近い温度のままに空気を届けられる

 

などがあります。
遅いペースで走るだけでタイムを気にすることなく、誰かと競争をするわけでもない場合は、日常生活と同じ鼻呼吸で空気を楽に取り入れることにより、「スッスッ、ハッハッ」と無理のない呼吸のリズムで走り続けることができるでしょう。



動画引用元:【ランニングの呼吸法 】マラソンでは鼻呼吸より口呼吸が有利!

【参考URL】
【ランニングビギナーのための お助けQ&A】走るときの呼吸法がわかりません。よく、鼻から吸って口から吐くなどといいますがうまく鼻から吸えません。なにかいい方法はありますか?

ライター名:堀内み