走力アップ 「縁の下の力持ち」を鍛えるトレーニング

ランナーにとって「縁の下の力持ち」は、

太もも裏の筋肉(ハムストリング)とお尻

と言っても過言ではありません。

 

この2つの筋力がつくと、力強い蹴り出しができて、着地も安定します

今回は「縁の下のチカラモチ」おしりとハムストリングスにフォーカスしましょう。これらの部位がしっかりしていると、力強い蹴りだしができたり着地が安定します。
引用元:走りを支える頼れる存在、しっかりした下半身をつくる。

 

ハムストリングは「アクセル筋」とも言われており、前に体を運んでくれる働きがあります。
鍛えればストライドも広げることができるとのことです。

またお尻の筋力をアップすれば、前へ進む力や体幹を安定させる力があると言われているので、ランニングフォームがブレなくなると言われています。
しかも足の筋肉の消耗を防げるので、足の疲れが軽減される可能性もあります

走力をあげるために、重要な筋力であることがわかりますね。

下記に2つの筋肉を同時に鍛えることができるトレーニング方法を記載します。
簡単に自宅でできますので、ぜひ試してください。

 

 

トレーニング方法

・膝を片方あげて、キープする
・キープした状態をほどき、上げた足を今度は後ろに下げて、膝もつきお尻も下げる
・また片足を上げて、キープする

片足10回ずつ、合計20回行います。

 

ポイント

片足上げた時、20秒間キープ(静止)できるよう意識する

 

私はバランス感覚がないため、片足をキープしたまま20秒立つことがなかなか難しかったですが、めげずに続けることが重要だと思います。

 

下記にトレーニングのやり方の解説動画がありますので、ぜひご覧ください。



 

動画引用元:速く走るための「もも上げ&キック」の筋トレ