足をひきつけるフォームでもっと軽く・速く走ろう!

ランニングの基本的なフォームトレーニング方法を知ることにより、自分自身の体に合ったフォームを自然と身に着けていくことができるでしょう。
今回は、足をひきつけるフォームについて見ていきたいと思います。

 

 

 

足をひきつけて走るメリット

ランニング中、足が流れてしまい楕円状の動きをしていると、逆の足接地時間が長くなってしまい、次の動作までに時間がかかり過ぎる場合も……。
こういったフォームでは、位置もどんどん下がってしまい、姿勢も悪くなります。
前ももに大きく負担がかかってしまうため、後半に大きく失速してしまう原因にもなるでしょう。

 

 

こうしたフォーム改善するために、楕円状の動きではなく「円形の動き」を意識しましょう。
足を勢いよくひきつければ、位置高くなり姿勢も良くなります。
後ろに流れてしまった足を素早くお尻にうまくひきつければ、足を流れにくくしたり、足をに出やすくしたりすることもできます。

 

 

 

トレーニング方法

  1. ミニボール風船などを用意しましょう。
    それを片方後ろハムストリングスふくらはぎの間)に挟みます。
  2. 1の状態のまま、走る時のようにに突き上げる動作を続けます。
  3. この動きを左右10~15回くらい、3セット行いましょう。

 

 

 

ポイント

ボールを挟んでいる状態で、ハムストリングス(ももの裏の筋肉)にが入っているかどうかを意識しましょう。
この動画でご案内しているトレーニング方法は、筋トレというより、ハムストリングスに刺激を与えることを目的としており、軽やかな足の運びを作るためのエクササイズのようなものです。

 

 

刺激を与え続けることで、その部位の筋肉が使われやすくなります。
また、地面を蹴った後にかかとお尻にひきつけるイメージをすると、地面強く蹴ることができ、を発揮しやすくなるでしょう。
かかと臀部にひきつけられて、前傾姿勢を作ることができると、より良いですね。

 

 

足をひきつけるフォームで、さらに快適な走りを手に入れましょう!



動画引用元:【MATSUのランニングフォーム解禁】もっと軽く、もっと速く走れるはず!

【参考URL】
マラソンを疲れずに効率よく走る方法

ライター名:堀内み