脚力を強化するトレーニング ジャンピングスクワット

今回は脚力を強化するための神経トレーニングをご紹介します。
神経トレーニングとはスピードやパワーをアップさせるトレーニングです。

ジャンピングスクワットのやり方を今回はご紹介しますが、こちらはお尻や太ももの裏などの推進力を生み出す筋肉を鍛えることが出来ます。
なので、ストライドを伸ばして、伸びやかに走れるためのトレーニングです。

また、地面の反発をしっかり前に伝えるためのふくらはぎも、同時に鍛えることも出来ます。

 

トレーニング内容

ジャンピングスクワットのやり方

・足を肩幅に開く
この時、膝とつま先の向きを同じ方向にしてください
・スクワットをする
この時、膝をつま先より前にいかないように、腰を引いてください
・膝の角度は45度になることを意識し、手を胸の前でクロスする
・膝を伸ばして飛ぶ
・連続して飛ぶ
・10回1セット×3セットを目安に行う

ポイントはスクワットのフォームをしっかり作ることです。
頻度としては、週に2回程度が良いと言われています。

 

このジャンプは実際にランニングしている時の衝撃と似た負荷がかけられると言われています。

大きく負荷のかかる内容になっていますので、本気でスピードアップしたい方に行って頂きたいものですが、怪我の可能性も高くなります。
お伝えしたフォームをしっかり意識して、行ってください。

下記にわかりやすく解説されている動画がありますので、ぜひご覧ください。

 

動画引用元:サブ3達成のための脚力強化トレーニング

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。