理想のフォームを手に入れる 力強い走り 5つのポイント

理想のフォーム」は、改善を繰り返しながら生まれます。
また、人それぞれの体には個性があり、すべての人に当てはまるフォームは、残念ながらありません。
だからこそ、反復練習を積み重ねて、自分だけのフォームを見つけましょう!

 

理想のフォームを身に着ける力強いジョギング

どんな走りも、力強いジョギングの延長戦であると言えます。
練習を重ねて、いかに体に負担をかけずにスピードを出せるかを、追求していきましょう。

まずは動画をご覧ください。

 



動画引用元:力強いジョギングで理想のフォームを目指そう

 

ジョギングで気をつけるポイント

  • リラックス
    まずは、しっかりリラックスしましょう。心身ともに脱力します。
    頭の中もリラックスして、冷静になりましょう。
    冷静さをなくすとフォームが崩れるため、特に重要なポイントです。
  • 呼吸
    呼吸のリズムに合わせてピッチを上げましょう。
    スッスッハッハッ、スッスッハッハッ」と2回吸って2回吐くのが良いでしょう。
    心拍ゾーン2から入り、徐々に心拍ゾーン3に移行します。
  • 姿勢
    心も背筋もまっすぐ伸ばします。
    腰はやや低くし背筋を伸ばすことで、足を客観視できるようになります。
  • 腕振り
    力強い走りを得るためには、腕の振りが重要です。
    腕は肩甲骨を回すように振ります。前に振るよりも、後ろに引くことを意識しましょう。
    引き」の動作が、力強い走りを生み出すのです。
    上り坂でその力は特に発揮されますが、平坦な道でもしっかりと腕を振ることが重要です。
    走る前には、肩甲骨をゆるめるマッサージ・ストレッチを行っておくと良いでしょう。
  • 遠心力
    一点双方を基点に、ひねりを入れつつ母指球で着地します。
    ポンポン弾くイメージです。
    このとき、ひざを高く上げる必要はありません。足は、最短距離で地面に着地させましょう。
    肩・腕・腰も回転を意識し、遠心力を生み出しましょう。
    空回りせずに、しっかり地面を捉えている感覚を得ることが大切です。
    その感覚を得ることができたら、ピッチを早めていきます。

 

理想のフォームに完成はありません。
ご紹介したポイントを意識し、自分に合ったフォームを追求していきましょう!

 

ライター名 堀内み