脚力と心肺能力を同時に鍛えて自己ベスト更新 インターバル走

ランニングのタイムアップを目指すなら、脚力と心肺能力の両方を鍛えるトレーニング「インターバル走」がおすすめです。
今回は、インターバル走のやり方について紹介します。

 

 

インターバル走とは

インターバル走とは、ランニングのタイムアップを目的に、脚力と心肺能力の両方を鍛えることができるトレーニングです。
フルマラソン完走を目指す場合、まずは「走行距離」に重点をおきますが、タイムにもこだわりたい場合は、走行距離だけではなく、速度をキープした走りを意識したトレーニングも必要となります。
そこでおすすめなのが、このインターバル走です。

 

 

インターバル走のやり方

速い走りとゆっくりとした走りを交互に行います。
例:400mを速く走り、200mをゆっくりジョグ。
それを休まず10本行う

※具体的なインターバル走のトレーニングの内容については、下記の動画も参考にご覧ください。

 

 

インターバル走のポイント

インターバル走を行う際には、下記のポイントに注意しながら行いましょう。

  • 速く走る時は80%のパワーで走る
    常に100%全力疾走では負荷が大きすぎるので、実際のレースを意識しながら80%程のパワーで走りましょう。
  • 辛くても立ち止まらない
    呼吸が辛い時や疲労を感じる場合も、できるだけ止まらない・休まないことを心がけましょう。
    心肺能力を高めるトレーニングになります。
  • 常に正しいフォームを意識する
    せっかくのトレーニングも、フォームが崩れては意味がありません。
    呼吸が辛い時や脚が疲れている時でも、正しいフォームを維持するよう心掛けましょう。

 

 

インターバル走の注意点

負荷の高いトレーニングとなるので、頻度に気をつけましょう。
目安は、週に1~2回、通常のトレーニングに取り入れることからはじめましょう。
また、大会の直前に行うと疲労が残る恐れがあります。
大会前は休息の時間に当て、それを見据えたトレーニングスケジュールを立てましょう。

 

 

おわりに

タイムにこだわったトレーニングで、ぜひ目標タイムを達成してくださいね!

下記にわかりやすく解説されている動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:【マラソン】サブスリーランナーによる練習法スピード編【ソナポケ】

ライター名:Jourd