箱根駅伝注目 相澤晃選手と阿部弘輝選手の高校時代の練習メニュー

1/2から、いよいよ箱根駅伝がスタートしますね。
どこの大学が優勝するか、どの選手が活躍するか、どんなドラマが繰り広げられるか、今から大変楽しみです。

今回は出場大学の中でも注目選手として名前があがっている東洋大学のキャプテン・相澤晃選手と、明治大学のキャプテン・阿部弘輝選手ふたりの出身校である「学校法人石川高等学校」の練習内容と取り組みから、強い選手の成長の秘訣を紐解いていきます。

 

学校法人石川高等学校が大事にしていることは、主に下記の2つです。

 

スピード練習

週に2日、スピードを意識した練習を行います。
練習内容は、1,000mを2分40秒台の目標タイムで、5本こなすというもの。

レースに近いスピードで練習も行わなければ、試合もついていけないという監督の方針から、週に2日行なっているそうです。

 

自己管理

水曜日と金曜日に「陸上ノート」というノートを3年生は毎週提出しているそうです。
「陸上ノート」とは、食事内容や練習の感想、個人の目標を書いて先生に提出しているもの。

練習で学んだことがあれば、その日のうちにノートにまとめ、自己管理を徹底することで、振り返りが出来たり、何が足りないのか、次に向けての改善点がみつけやすかったり、目標も目に留まるので、更なる向上心が湧いてくるのかもしれませんね。

 

スピード練習は目標タイムを自分にあったものに、自己管理は「マラソン/ランニングノート」として、記録をつけていき、振り返りのしやすい環境にしてみるのは真似できるかもしれませんね。

下記に、参考とした動画がありますので、ぜひご覧ください。

 



 

動画引用元:2016年10月25日『Nスタ』~明日号砲!福島県高校駅伝/学法石川男子チーム特集~

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。