スピードアップに繋がる 正しい前傾姿勢と注意点

ランナーの中には、前傾姿勢で走るのが正しいランニングフォームだと思っている方も多いかと思います。
実際、前傾姿勢だと努力感が少なく楽に走れるということがわかっています。
今回は、そんな前傾姿勢について詳しくご紹介しましょう。

 

 

前傾姿勢のデメリット

 

楽に走れるというメリットがある前傾姿勢ですが、デメリットもあります。

前傾姿勢になると、人間は「体が前に倒れてしまうかもしれない」という恐怖心を無意識に抱き、安定を求め、着地する足を前の方に置いてしまいます。
つまり、膝から先が前に伸びてしまうということです。
膝から先が伸びてしまうと、ブレーキをかけた状態になり、スピードは格段に落ちてしまいます。
これでは、せっかくの前傾姿勢がスピードアップに活かせないどころか、筋肉や関節のねじれを引き起こしてしまうおそれもあります。

そうならないためにも、前傾姿勢を取るときには、以下のことに注意してみましょう。

 

 

 

前傾姿勢の注意点

 

前傾姿勢は、膝から先の動きのコントロールが重要です。

前傾姿勢アクセルだとしたら、膝が伸びている状態ブレーキになります。
前傾姿勢で走る場合、この「ブレーキの外し方」を理解しておくことが大切です。

一度、アクセル全開で走っているときと、膝から先を伸ばしてブレーキも同時にかけている状態で走っているときを、比べてみてください。
ブレーキがかかっている状態がどういうことか理解できるはずですよ。
また、走っている状態から、止まろうとするとき、自分がどのようにして膝から先の動きをコントロールしているかも、注目してみましょう。
きっと、膝から先を伸ばして止まっているはずです。
このように「ブレーキをかけている状態」がどういったものか、しっかり理解しておくことが大切です。

こうした「ブレーキの外し方」を理解しておけば、きっと前傾姿勢を活かした「加速していく走り方」をつかむことができるはずですよ。

もう一つの注意点は、体を腰から折らないこと。
できるだけ、体をまっすぐにして走ることが大切です。

以下の確認方法で、自分が正しい前傾姿勢を取れているか、確認してみましょう。

 

 

 

正しい前傾姿勢の確認方法

 

立っている状態で、壁に頭だけをつけて体を斜めにしてください。
このとき、体がまっすぐの状態をキープできていれば、正しい前傾姿勢を取れているということになります。
しかし、この姿勢を取ったときに、腰が折れてしまっている人は注意
腰が折れた状態では、頭が壁を押す力が弱くなります。
これはつまり、体を前に進める力働いていないということです。

 

詳しい確認方法は、以下の動画を参考にしてみてください。

 

適切な前傾姿勢をとって、重力を上手に使った走りを目指しましょう。
気持ちよくスピードアップできる走りを身につければ、タイム向上も狙えるはずですよ!



動画引用元:前傾姿勢がランニングのスピードアップに繋がらない2つの理由

ライター名:堀内み