理想のランニングフォームを作る体幹トレーニング

理想的なランニングフォームで走ることが出来れば、無駄な動きが減り、タイムアップ怪我防止につながります。
今回は体幹股関節周り上腕に注目したトレーニング方法をご紹介します。
ぜひチェックしてみてください。

今回紹介するトレーニング方法は4つです。
それぞれトレーニング方法を紹介します。

 

 

 

1.骨盤歩き(前方向)

  1. マットの上に座り、両足を空中に浮かせます。
  2. この姿勢を保ったまま、骨盤を使ってに進みます。

 

腹筋や股関節周りの筋力強化に繋がりますよ。

 

 

2.骨盤歩き(横方向)

  1. マットに対してに座ります。
  2. 上体を倒し、骨盤を使ってに移動します。

 

前方向の骨盤歩きと同様、腹筋股関節周りの強化に繋がり、さらに、上半身と下半身の連動性を高める効果が期待できます。

 

 

3.バランスボール肘立て

  1. バランスボールの上にを立てて、うつぶせの状態になります。
  2. この姿勢を保ったまま肘を前後に振ります。

 

不安定な環境の中、姿勢を維持することでブレない体幹を作ります。

 

 

4.逆腕立て

  1. 台の上に後ろ向き(指先を背中方向)に手をついて座ります。
  2. お尻を浮かせ両足を伸ばします。
  3. その姿勢のまま、肩甲骨を意識して腕立て伏せを行います。

 

腕(上腕二頭筋)筋力強化肩甲骨ストレッチを行っています。

 

 

 

ポイント

どのトレーニングにおいても気を付けることですが、どこを鍛えているのかということを意識して行うことが大切です。
例えば、3.バランスボール肘立てでは、肘を振ることだけに意識が向いていると、姿勢が崩れてしまいがちです。
体幹を鍛えることが目的なので、姿勢が崩れないように注意することが大切です。

 

 

体幹部が安定すれば、身体のブレが少ない理想的なランニングフォームを作ることができます。
股関節周りの筋力が上がると、体の中心が安定し、上腕の筋力が上がると、腕振りに力強さが出るようになります。
腕振りがしっかりと出来れば、身体が疲れてきたときに腕振りで走りをリードできるようになるでしょう。
今回紹介したトレーニングは全ての中で出来るので、気軽に挑戦してみてくださいね。



動画引用元:体幹部のトレーニング方法 / コニカミノルタランニングプロジェクト

ライター名:Mio