マラソンランナー必見「無意識に腹筋を起動」させる体幹トレーニング

ランナーにとって、姿勢を安定させて走り続けることは、とても大切です。
そのために、体幹トレーニングを行う方も多いかと思いますが、トレーニング中の「姿勢」を意識したことはありますか?
今回は、良い姿勢になるための方法をご紹介します。

 

 

体幹トレーニングを始める前に

安定した姿勢で走るために、効果的だといわれている体幹トレーニングですが、正しい姿勢で行わなければ、そのトレーニングの効果が薄れてしまうおそれがあります。
体幹を意識するため、腹部に力を入れる方も多いかと思いますが、ランニング中に、長時間意識して腹圧を高め続けることは難しいですよね。
大切なのは、正しい姿勢で無意識に腹筋を起動させること
姿勢が悪いと、股関節の可動域の制限や、骨盤が不安定になり、重心のずれなどを引き起こし、結果的にパフォーマンスが低下してしまうおそれがあります。

ここでは、良い姿勢を手に入れるため、身体を綺麗に伸ばし、身体の崩れや歪みを正していく方法をご紹介します。

 

 

身体の伸ばし方

身体の軸を伸ばすようなイメージで、呼吸と合わせてストレッチしていきます。
2つの方法をご紹介しますので、ご自身のやりやすい方法でストレッチしてみてください。

<方法1>

  1. 拳くらいの幅を膝の間につくります。
  2. 浮遊肋骨に手を添えます。
  3. 上に引きあがるように鼻呼吸します。
  4. 胸の位置を変えずに、肋骨をしめるように息を口から吐きましょう。

 

<方法2>

  1. 手を真っ直ぐに下ろした状態から、鼻呼吸で息を吸いながら手を上げていきます。
  2. も一緒に上げていき、できるだけ遠くに伸びるように意識します。
  3. 真上まできたら息を口から吐きながらを横からゆっくり下ろし、同時にを引いて前を向きます。

 

<ポイント>

息を吐くときに腹圧を入れるようにしましょう。
また、息を吸うときは腹筋を伸ばすようにしましょう。

 

 

普段の生活から意識してみる

身体を伸ばすことを意識できるようになると、自然に腹圧を高めやすくなります。
また、身体の歪みの改善も期待できるため、腰や膝周りの負担も軽減できる可能性があります。
普段の生活でも、座っているときは上体を真っ直ぐ起こし下半身は真っ直ぐ下ろす、立っているときは、かかとが重心にならないようにするなど、心掛けてみましょう。

下記にわかりやすく解説されている動画がありますので、ぜひご覧ください。

 



動画引用元:【注目】体幹トレーニングで本当に意識するポイントとは?【姿勢を良くしたい人】

 

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。