ランニング後はクールダウンを!正しいストレッチ方法

ランニング後はしっかりとストレッチを行わなければ、身体に疲労が残ってしまいます。
ランニング中は、思っている以上に脚に負担がかかっているもの。
今回は、疲労回復に効果的なストレッチ方法をご紹介します。

 

 

 

身体をクールダウンさせるストレッチ方法

それではさっそく、ストレッチの方法をご紹介します。

  1. まっすぐ立ち、片脚を後ろに曲げて10秒間キープします。
    足のを手で持ち、足首を伸ばすようにキープしましょう。
    終わったらもう片方の脚も同じようにキープします。
  2. 立ったまま前屈をして10秒間キープします。
    このとき、両足大きく開いて身体を前に倒しましょう。
  3. 身体を起こしたら片足を大きく前に出し、アキレス腱を伸ばします。
    これも10秒間キープして、もう片方も同じように伸ばします。
  4. 両方のアキレス腱を伸ばしたら、そのままの姿勢で伸ばしている方のを曲げます。
    膝を曲げたとき、後ろ足のかかとは浮いても構いません。もう片方も同じようにします。
  5. 正面に向き片脚をくの字に曲げ、上体を前に倒しておしりを伸ばします。
    まっすぐ伸ばした膝の上に、もう片方の足首を乗せるような姿勢です。
  6. 足首と腕を大きく回します。
    上半身を動かし、胸や腕の筋肉をリラックスさせます。
  7. 最後に大きく伸びをして、身体を整えます。

 

この手順をよりわかりやすく動画にしたものが、こちらです。ぜひご覧ください。



動画引用元:ランニング後のクールダウン ストレッチ

 

 

 

ストレッチをするときのポイント

全ての手順は、ゆっくり深く呼吸をしながら行ってください。

 

また、手順4で膝を曲げるときは、伸びるポイントが膝裏から足首の裏に下がるようなイメージで行ってください。
2層構造になっているふくらはぎ表層深層を伸ばすための、重要なストレッチです。

 

 

 

ストレッチを行うことで得られる効果

ストレッチを行うことで、疲弊した脚の血流をうながし、慣らす効果が期待できます。

 

ランニング中は、脚に何度も衝撃を受ける「メカニカルストレス」がかかります。
メカニカルストレスにより、脚は若干の組織損傷軽い炎症を起こしてしまいます。
そのため、ストレッチを行い、疲弊した脚のストレスの軽減や、熱を持った身体をクールダウンさせる必要があるのです。

 

ランニングをすれば、少なからず身体にダメージは受けてしまいます。
しっかりストレッチをして、身体を休ませてあげましょう。

ライター名:まおにゃん