マラソン大会 雨や寒い日の防寒対策

猛暑からすっかり秋になり、マラソンシーズンに突入しました。
最近では雨の日があったり、急に気温が低下してきて、特に夜のランニングでは半袖で走るのは寒くなってきました。

マラソン大会では雨の日や、気温が低い日に向けて、しっかりとした防寒対策をしておくことが大切です。
なぜ防寒対策をしなければいけないのか、体温調整が重要な理由や、対策方法をご紹介します。

 

体温調整が重要な理由

体温が下がると、体全体の血液循環が悪くなります。
その結果、冷えやすい体になってしまうのです。
体温が低下すると体が動かなくなり、パフォーマンスの低下につながります。
体を動かし、体に「」をあたえ続けることで、エネルギーを切らさないようにすることが大切です。

スタート直前体温調整は、とくに重要です。
スタート前から体温が低下していると、体が動かない状態で走ることになってしまい、その後のパフォーマンスに大きく影響してしまいます。

 

対策方法

体温を下げないために、以下の対策方法を試してみましょう。

  1. レインコートを着用し、ウェアを濡らさないようにする
    雨で体が濡れてしまう場合は、レインコートを着用し、体温低下しないようにしましょう。
    レインコートがない場合は、ゴミ袋をポンチョのように被ることで代用ができます。
    濡れたウェアがに張り付いたまま走り続けることは、体温低下につながります。
    ウェアを濡らさないように、しっかりと対策をしましょう。
  2. 冷えやすい箇所にホットジェルを塗る
    冷えやすい箇所にスポーツ専用のホットジェルを塗ることで、体温低下を防ぎます。
    走っているうちに、で流れてしまう恐れがありますが、少なくともスタート前後は体を冷やさず、温かく過ごすことができます。
  3. 正しいウォーミングアップをする
    ウォーミングアップを怠ると、スタート直後から体が動かないという状況に陥る恐れがあります。
    スタート前には軽いジョギングや、正しいストレッチをして体を温めておきましょう。
    静的ストレッチではなく、しっかりと体を動かし、関節に刺激をあたえて滑りをよくしておくことが大切です。

 

マラソンにおいて、体を冷やさないようにすることは、とても大切です。

ちなみに私が以前参加したマラソン大会が、スタート時間が夜中だったため、真夏に開催されたにも関わらず、半袖では身震いを感じるほど寒い時がありました。
季節にとらわれず、その日の気温や自分のコンディションで、万全の準備をして臨みましょう。

 

下記に詳しい対策方法が紹介されている動画があります。
ぜひご覧になってください。



動画引用元:【防寒対策】練習やマラソン本番までの雨天時(寒い時)の対策とは?

 

 

ライター名:まおにゃん