パフォーマンスアップ!自分に合ったシューズの選び方

ランニングのパフォーマンスアップさせるために、体力づくりをしたり、フォームを見直したりすることはとても大切ですが、それと同じくらい「シューズ選び」も大切です。
今回は、自分に合ったシューズの選び方を紹介します。

 

 

 

その悩みはシューズが原因かも

みなさんは、こんな悩みをお持ちではありませんか?

 

  • 長時間走るとが痛くなる
  • レース後半にペースダウンしてしまう
  • 外反母趾に苦しんでいる

 

この中で、ひとつでも当てはまるものがある場合、シューズ選びに失敗しているおそれがあります。
シューズを選ぶときは、次の3つのポイントをチェックしてみてください。

 

 

 

シューズ選びのポイント

  1. 小指が地面についているか
    シューズを試着したときに、小指が地面についていることを確認しましょう。
    シューズのが狭いなどの理由で、小指が地面についていないと、体重母指球側に集まりやすくなってしまいます。
    そうすると、土踏まずがつぶれるような走り方になるため、ケガの原因になってしまいます。
  2. つま先に余裕があるか
    理想的なランニングフォームである「前傾」は、体重が前にかかるため、つま先も前にずれ込みます。
    それを見込んで、つま先にやや余裕がある、いわゆる「捨て寸」を持たせたシューズを選びましょう。
  3. ランニングシューズのタイプは合っているか
    ランニングシューズは大きく分けて
    クッション
    レース
    トレーニング
    の3つがあります。

 

シューズは、自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

筋力が十分に備わっていない初心者ランナーには、膝や腰への負担軽減することを重視した「クッション系」がおすすめです。
タイムにこだわる上級ランナーには、レース終盤でもシューズの重さを感じにくい軽量の「レース系」がおすすめです。
トレーニング系」のシューズは、クッション性と軽さをバランス良く兼ね備えています。

 

 

 

おわりに

自分に合ったシューズを選べば、長く快適に走ることができます。
パフォーマンスアップや、ケガ予防にもつながりますよ。
これを機に、シューズを見直してみてくださいね。

より詳しい内容は、下記の動画よりご確認頂けます。



動画引用元:絶対に失敗しないシューズ選びのコツ!👟シューズ👟の見分け方教えます!

ライター名
Jourd