ランナー膝を解消 簡単にできる筋肉ストレッチ

ランナーの大敵、ランナー膝
痛みがあるままトレーニングを続けると、思わぬ大きなケガにつながるおそれがあります。
今回は、そんなランナー膝を解消する、簡単筋肉ストレッチについてご紹介します。

 

 

 

筋肉の酷使?ランナー膝の原因とは

ランナー膝とは、膝の屈伸運動を過剰に繰り返すことによって炎症が起こり、疼痛を引き起こす症状のこと。
特に、下記に当てはまる方は要注意です。

  • 過剰なトレーニングで筋肉を酷使している
  • 休養不足
  • ストレッチなどの準備運動不足
  • シューズが合っていない
  • 硬い路面でのランニング

ランナー膝は、半日~数日休むことで痛みは消えますが、ケアをせずにそのままトレーニングを続けると、徐々に痛みが増し、休息しても痛みが消えなくなってしまうおそれがあります。

 

 

 

ランナー膝の対策方法

ランナー膝を予防するためには、まずはトレーニングしたい気持ちを抑え、しっかりと休息をとることが1番です。
痛みは決して我慢せず、安静にしましょう。
それに合わせ、下記項目も意識しましょう。

  • 体の柔軟性を高める
  • 準備運動整理体操をしっかりする
  • シューズを見直す
  • ランニングコースを見直し、硬い路面を避ける
  • 普段とは反対のトラック走行(同一側の膝への負担を軽減する)
  • 痛みが生じた場合は患部をアイシングする

特に、休息に合わせて大切な柔軟性について、今回ご紹介する筋肉ストレッチを是非取り入れてみてください。

 

 

 

ランナー膝予防に!筋肉ストレッチの方法

  1. つま先を外に向け足を肩幅に開き、そのまましゃがみます。
    かかとは地面に付けたままが好ましいですが、難しい場合は無理のない姿勢をとりましょう。
  2. 両肘をそれぞれ内腿に当て、膝を外に開くように体重を乗せます。
  3. 左右交互に肘に体重をかけます。膝を開くように、ゆっくりとストレッチしましょう。(×5セット)

 

 

おわりに

膝の痛みが生じたあとだけではなく、痛みが生じる前のケアも大切です。
ランナー膝を放っておかず、筋肉ストレッチを行い毎日ケアすることを心掛けましょう。

 

さらに詳しいストレッチ方法は下記の動画を参考にご覧下さい。

 



動画引用元:シンスプリント?足底筋膜炎?ランナー膝?…そんな症状を解消!

 

ライター名:Jourd

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。