ランニング時の呼吸法 意識するポイントは「息を吐く」

私もどこかで聞いたことがあるのですが、マラソン中は「スースーハー」という、吸って吸って吐いてという、が良いと聞いたことがあります。

しかし、マラソン中は呼吸に意識しすぎて、余計に疲れてしまったり、フォームが崩れてしまったりする可能性があるので、実は自然で、リラックスした呼吸で走ることが重要と言われています

 

ただ長い距離走ると、体が辛くなったり、疲労が溜まったと感じた時は、呼吸が浅くなります。
そういった時に、呼吸を意識することが大切です

しかし、今回推奨する呼吸は、「スースーハー」ではありません。
「スースーハー」の呼吸法は、吸うことを意識した呼吸です。
息を吸うと体は固まってしまうと言われているので、より体が動かなくなる可能性があります。

なので、意識すべきなのは、息を吐くことになります。

息を吐くと力が抜けて、体は動きやすくなると言います。
大きな深呼吸をするイメージで、フーーッと息を吐くと、自然と体に酸素が入ってきます。

普段のジョギングの時などに、酸素を効果的に取り込む練習として、大きな深呼吸をするように息を吐く呼吸方も練習してもてください。

人間の肺には、息を吐き切っても出し切れない残気量が多く、これが外から入ってくる新鮮な酸素濃度を薄めてしまいます。のどの抵抗を小さくして、素早く、勢いよく息を吐くトレーニングと、深呼吸するつもりで大きく息を吸い込める姿勢を意識したトレーニングを、ジョギングの中に取り入れてみましょう。

引用元:ランニングに効果的な呼吸法

 

特に夏は暑すぎて、呼吸が乱れがちになってしまいますよね。

下記にランニング中の呼吸法について、わかりやすく解説されている動画がありますので、ぜひご覧ください。

動画引用元:意外と知らないランニング中の呼吸のやり方

 

今回ご紹介した呼吸法はあくまで、ひとつの方法です。
人によって合わない場合もございます。
ご自身に合った呼吸の仕方を普段からのランニングで身につけて、より快適に走れるよう工夫しましょう。

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。