初心者必見!正しいランニングフォーム 5つのポイント

正しいランニングフォームを身につけることは、パフォーマンスアップだけでなく、ケガの防止にもつながります。
そこで今回は、初心者ランナー向け、基本のランニングフォームについてご紹介します。

 

ポイント1・目線

足元を見ずに、100mほど先を見て走りましょう。
目線を遠くにすることで、正しいランニングの姿勢を保つことができます。

 

ポイント2・前傾姿勢

ランニング中の基本姿勢は「前傾姿勢」です。
前傾姿勢をとることによって、前に倒れる力が前へ進む推進力へと変わります。

また、前傾姿勢をとることで自然と足が前にでるので、手足を大きく振らなくても自然と前に進んでいきます。
ランニングで疲れて苦しくなってくると、ついつい上半身が反り返ってしまいがちです。
辛くなってきた時こそ、前傾姿勢を保つ意識をしましょう。

 

ポイント3・頭の位置

頭はまっすぐ、前後左右にゆらさず一定の位置を保ちましょう。
頭は非常に重たい部位のため、頭が揺れることでエネルギーが左右へ逃げ、前へ進む推進力になりません。

 

ポイント4・腕振り

肘を後ろに引くように振りましょう。胸の位置より前に腕がでないくらいが目安です。
腕をしっかり引くことで、肩甲骨が背中の中心に引き寄せられ、自然と前傾姿勢を維持することができます。

また、腕振りは骨盤の動きと連動するため、しっかりと腕を振ることで足運びもスムーズになります。
前に進みたいがために、むやみに大きく腕を振ったり、左右に振ったりしてしまうと、エネルギー効率が悪くなります。
後ろにまっすぐ引く」を意識しましょう。

 

ポイント5・着地の位置

体の真下に着地することを意識しましょう。
体の重心よりも前に足が着地してしまうと、せっかくの推進力にブレーキがかかってしまいます。
また、地面に対して垂直に着地することで、着地の衝撃をバランスよく受け止めることができ、足への負担が軽減され、ケガを防ぐことができます。

さらに詳しい内容は下記の動画よりご確認ください。

 




動画引用元:【初級編】正しいランニングフォーム

 

間違ったフォームのクセがつく前に、正しいフォームを意識したトレーニングを行いましょう。

 

ライター名
Jourd

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。