ヒットを強くするためのタックル練習と注意点

今回は、片手でおこなうヒットの強さにフォーカスしたタックルドリルの練習についてご紹介します。
ラグビーの技術を向上させたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

ヒットの強さにフォーカスしたタックルドリル練習

それでは、さっそく片手でおこなうヒットの強さにフォーカスした、タックルドリルの練習について見ていきましょう。

 

 

2人1組になっておこないます。
タックルをする選手のヒットしないほうの手は自分のジャージをつかみ、片手でタックルに入ります。
あたると同じ(たとえば右肩なら右足左肩なら左足というイメージです)を出すことを意識しておこなってください。
ここで実践している練習内容は、タックルヒット練習です。
試合ではしっかりとバックすることを忘れずにおこなうことを、頭にいれておきましょう。

 

 

 

気を付けておきたい悪い例

片手でおこなうヒットの強さにフォーカスしたタックルドリルの練習について、悪い例もご紹介します。

 

 

注意点

  1. タックルをするときに下を向かないようにする
    下を向いているとパワーが伝わらないだけでなく、危険なタックルとなってしまうので、顔をあげることを意識してください。
  2. 腕が開いて横方向に向かないようする
    相手に対してまっすぐと向けることで、パワーを伝えることができます。
  3. 顔が外を向かないようにする
    を相手のにつけてしっかりと押します。

 

 

このとき、一緒に練習をしている相手同時に動くことも大切なポイントです。
実際の試合では相手が止まっていることはないので、動きながら試合のように練習していきましょう。

 

 

ここまでの練習内容悪い例3つについて、こちらの動画で詳しく紹介しているので、確認してみてください。

動画引用元:[タックル練習]ヒットが強くなる!片手タックル練習![ラグビー タックル]

 

 

力強いタックルを身に着ける

今回は、片手でおこなうタックルの練習についてご紹介しました。
止まっている相手に勢いをつけてタックル練習をしても、実際の練習でつかえるような技術を習得することはできません。
ただしいスキルを身につけて、安全力強いタックルができるように練習していきましょう。

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。