タックルをされたときのステップ&ボディコントロールの方法

ラグビーでタックルをする側は、相手を仰向けに倒すつもりでタックルします。
今回は、タックルをされたときの“ボディコントロール”のやり方や、ステップを切るタイミングについてご紹介します。

 

 

 

タックルを受けないようにするためには

タックルをして相手を仰向けに倒すと、ダウンボールとなり、相手からボールを取ることができます。
タックルで倒されないために、アタック側のボディコントロールは、相手からタックルを受けないような行動をとる必要があります。
しかし、タックルをまともに受けないようにと、タックル間際でポイントを外そうと行動しがち。
タックルポイントが多少ずれたぐらいでは、仰向けに倒されることを回避することは難しいのです。

 

 

 

タックルのポイントを外す

タックルポイントを外すためには、相手から2メートルくらい離れたところから、一歩踏み込んでステップを切りましょう。
接点のときに、アタッカーは必ず体の正面を向く必要があります。
このときに、ディフェンス側を向いているときだと、タックルをされてもへと飛ぶことができますよね。
前に飛んだらダウンボールを一連の動作で、ボールを隠しながらシュリンプへと持っていきます。
倒れてボールをうしろに送ると取られてしまうので、しっかりシュリンプへ持っていくことを意識しましょう。
または、シックスダンボールへと持っていっても良いです。

 

 

ダンボールの前には、相手から2メートル離れた位置で、一気にに入るというボディコントロールが大切となってきます。
余裕のある方は、このときにステップで抜けるとより良いでしょう。

 

ステップを横に切っていても進まず、結局追いつかれてしまうので、バックスでも「ステップは縦に切る」ということが重要です。

 

 

 

意識するべき大切なポイント

早めに一歩踏み込んだら、に出しているに、逆の足をいかにはやく縦にもってこられるかという点を意識して練習してみてください。
そうすると、タックルのを外すことができるので、ハンドオフをしたり、手でタックルを切ったりすることもできるようになります。

 

 

また、このときうしろのフォローについている方が、についている場合はへダウンボール、の場合はへと声をかけることも大切です。
タックラーと反対側に倒れてダウンボールできるようにすることも、あわせて意識してみてください。

 

今回の内容の詳しい解説は、以下の動画を確認してみてくださいね。



動画引用元:【ラグビー初心者講座】タックルされる際のボディコントロールの取り方やステップを切るタイミング【ラグビー スキルガイド】

ライター名:チョコ