タックルを受けてもすぐに立ち上がる方法とテクニック

最近のラグビーではダンボールをして、すぐに立ち上がってまた行くことが主流になりつつあります。
今回は、このタックルを受けてすぐに立ち上がるテクニックについてご紹介していきます。

 

 

 

ダンボール&ゴー

ラグビー界で活躍されているトヨタ姫野選手をご存じですか?
ダンボールをしてすぐに立ち上がり、また行く技術が注目の選手です。
ダンボールをしてひろっていくとゲインライン突破できるので、ほかの選手が寄ってきて、外があまるというプレイを実現することができます。

 

 

 

解説

ボールをもっている人がタックルをしてタックルをした後、前に飛びます。
ここで、ひとり転んでいなくなります。
すぐに立ち上がったら、ほかのひとりがその場に寄ってきます。
寄ってきたところでボールを持っている人にあたると、タックルで仰向けに倒されます。
なので、起きたときにあたるフリをして、ズラしてオフロードパスをしていきましょう。
この「ズラしてオフロードパス」をすることが重要なポイントです。
また、ダンボールしてから起き上がるまでにしっかりと「ダンボール」と言って、ボールを置いたことをレフリーにアピールしないと『ノットリリースザボール』という反則をとられるおそれがあります。
そのため、レフリーにはしっかりとボールを離した意思表示と、離しているアピールをしましょう。

 

 

 

タックルを受けて立ち上がるテクニック

タックルポイントをズラしてもうひとりが寄ってきたときに、オフロードパスをしても良いです。
ズレてきて寄ってきてきたときにパスをすると、もうひとりのディフェンスは寄ってくることができません。
そうするとタックルをされる前に二対一ができるので、パスをしたらトライをとることができます。
ダンボールをしてフォワードの真ん中を突っ切っていくことにより、バックスの選手が寄ってきます。
寄ってきたら味方のバックスの選手が余るので、パスを回したら最後にひとりが余ったり、スペースがズレてセンターあたりで抜けたりなど、すべて基礎からはじまるので、このプレイをぜひ覚えてくださいね。

 

練習内容については、こちらの動画で確認できます。



動画引用元:【ラグビー初心者講座】姫野流!タックルを受けてすぐに立ち上がってプレイすることで数的優位を産むテクニックについて解説!【ラグビー スキルガイド】

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。