初心者向け パンチパスの基礎練習方法と3つのポイント

ワールドカップで盛り上がりを見せたラグビー。
やってみたい!と思った方も多いのではないでしょうか?
今回は、ラグビーのパススキルのひとつである「パンチパス」についてご紹介していきます。

 

 

 

座ったままできる練習法

今回ご紹介するのは、ラグビーの基礎パンチパス」についてです。
座った状態で、ボールをとった位置からそのままパンチパスで投げていく練習法をご紹介します。

 

 

グラウンドなど広い場所にあつまり、みんなで足を伸ばした状態で、横に一直線上になるように座ります。
ボールが自分の体に当たらないように、顔の前でボールを捕り、押し出して横にいる相手へとパスをしていきます。
ボールをもらってからパスをするときに、下からもらってパスをすると、座っているため自分の体へと当たってしまいます。
顔の前でボールを捕球する」ということが大きなポイントなので、しっかり意識しましょう。
これを意識することで、手が上下ぶれることを防ぐことができます。
ボールを受け取った後に、持ち替えずにそのまま横にいる相手へとパスをする練習を、繰り返しおこなっていきましょう。

 

 

イメージをつかみやすくするために、以下の動画で実際の練習内容を確認してみてください。

動画引用元:【ラグビー初心者講座】座ったままパンチパスの練習をする方法と意識することについて解説!【ラグビー スキルガイド】

 

 

3つの大切なポイント

この練習で意識してほしいポイントは3つあります。
ひとつめは、先ほども言った「顔の前でパスを捕球する」ということです。
ふたつめは、手は持ち替えずにボールをとったところからそのままパスをだすということです。
最後に、手の位置は下に下げないということを意識して練習してみましょう。
徐々に慣れてきたら、座っている相手との距離伸ばして、パスの速度あげてみてください。

 

 

ラグビーの基礎であり重要なパススキル。
初心者の方はもちろん、中級者の方もご紹介した練習法でしっかりと基礎を固めて、パンチパスを武器にしましょう!



ライター名:チョコ