グラウンドは不要! 一人でできるラグビーのパス練習

グラウンドに行かなくても、公園などで1人でできるパス練習をご紹介します。
今回ご紹介するのは「壁当て」。
壁当てでパススキルを磨いて、ラグビーの技術をさらに向上させましょう!

 

 

 

ひとりでもできる!パス練習

ラグビーの練習をするときに、グラウンドに行かないと練習ができないと思っている方もいるかもしれません。
今回練習する場所は、公園などにあるです!
用意したボールを持って公園の壁に向かって、壁当てを行いましょう。
投げるときには、ボールがあたる目印を決めておきます。
適当にボールを投げるのではなく、目印を決め、仲間にパスを投げるようなイメージで練習しましょう。

 

 

 

壁当ての練習ポイント

はじめは短い距離からで良いので、目印に向かってしっかりとボールをあてていくことを意識してみましょう。
一見地味に見える練習法ですが、これがとても大切!
右投げからはじめたら、次に左投げと、どちらも練習しておきましょう。

 

 

この練習法は投げてパススキルを磨くだけでなく、ボールをキャッチする練習にもなりますよ。
初心者でボールをうまくキャッチすることができないと悩んでいる方は、壁にあてて跳ね返ってきたボールを、しっかりとキャッチすることも意識してみると良いですね。

 

 

 

距離を伸ばしてみよう

慣れてきたら、さらに距離を伸ばして壁当てをしていきます。
練習回数は自分で決めてOK!
やればやるだけ自分のスキルを伸ばすことができるので、「今日は時間があるからもっと練習をしたい!」というときは、多めにパスの練習をするのも良いでしょう。
1日の回数は少なくとも、毎日欠かさず行い、日課にするのも良いですね。

 

 

ひとりでもできて、シンプルな練習です。
壁さえあればできるので、練習できそうな壁を見つけたら、積極的に壁当て練習を行いましょう!
今回ご紹介した練習法を動画で確認したいという方は、こちらの動画もチェックしてみてください。



動画引用元:【ラグビー初心者講座】1人でできる最強の練習は壁当て!毎日の練習でパススキルを磨く【ラグビー スキルガイド】

ライター名:チョコ