実戦で使える!1対1で抜くコツを身に付ける練習法

ラグビー初心者の方で「ディフェンスを抜くことがむずかしい」と感じている人は多くいるはず。
今回は、狭い範囲で1対1をして、実戦活用できるディフェンス抜くコツを身に付ける練習法を紹介します。

 

 

 

1対1で抜くコツを身に付ける

ラグビー初心者の方は、まだまだボールの扱いに慣れていない方がほとんど。
パスキックなどはもちろん、ディフェンスを抜くことなんてとても難しいと感じてしまいますよね。

そこで今回は、手の感覚や使い方は一旦置いておいて、1対1で抜く感覚を感じることのできる練習方法をご紹介します。

 

 

 

練習方法

1対1のペアをつくったら、ボールをもっている人と向き合うように、もう一人がディフェンスとして立ってください。
スタート地点に立ち、ボールを持っている人は、コートからはみださないようにゴールへ向かってすすんでいきます。
このとき、ディフェンス側の人は、攻めてくる相手からゴールを守りましょう。

 

 

これを何度も往復で繰り返して練習し、1対1の抜く感覚を身に付けていきます。

 

 

以下の動画で、実際の練習風景が確認できます。

動画引用元:ラグビー1対1で抜くコツを身に付ける【初心者指導】

 

 

練習のメリット

この練習のメリットは、1対1でボールを持っている人が、相手を抜く瞬間にスピードをあげたり、方向を変えたりする感覚が身に付けられるという点です。

 

 

フェイントをしたり、相手から距離をあけ、タイミングを見て一気にゴールへ向かったりなどの駆け引きを学ぶことで、1対1で相手を抜く感覚をリアルに感じることができるのです。
この練習を繰り返すことで、実戦でも使えるコツを徐々につかめるようになります。

 

 

また抜くほうだけでなく、ディフェンス側も相手を捕まえることによって、ディフェンス技術向上と、相手に臆しない闘争心を習得することができます。
ディフェンスの練習で、向かってくる相手を捕らえられるようになれば、攻守活躍できるプレイヤーになれるはずですよ。

 

 

ご紹介した練習方法で、1対1で相手を抜くコツ、相手を止めるディフェンス力を磨きましょう!



ライター名:チョコ