練習後に取り入れたい5つのフィットネス練習方法

今回は、ラグビー選手にやってもらいたい、練習後に実践できる基礎フィットネスの練習5つご紹介します。
練習の最後に取り入れて、ラグビーのスキル上達に役立ててみませんか?

 

 

 

インナーマッスルと股関節を鍛える

はじめに紹介するのが「お尻歩き」です。
座っている状態からにしっかりと添えて、お尻で歩いていきます。
このときに体幹はずらさずに、を見て足を伸ばしてお尻で歩くようにしてみてください。
この練習はインナーマッスルを鍛える働きがあるので、積極的に実践していきましょう。

 

 

次に紹介するのが「スパイダーウォーク」です。
股関節を伸ばすために使う練習で、股関節をグランドにしっかりとつけながらおこなうことが大切です。
うつ伏せでスパイダーのような状態になったら、目線は常にを見ることを意識して、前へと進んでいきます。

 

 

 

体を鍛える練習法

そして3つめに紹介するのが「ハイハイ」です。
赤ちゃんがおこなうハイハイとまったくおなじで、ハイハイは脳科学的にも良いということが証明されているといわれています。
両手両足をしっかりと地面につけておこなうことを心掛けて、やっていきましょう。

 

 

最後に紹介するのが「ほふく前進」です。
ほふく前進をするときがぶれてしまいがちですが、だけで地面を捉えることを意識しておこなってみてください。
このときに、手を動かさずに足だけで前進することがポイントです。

 

詳しい練習内容についてはこちらの動画で確認してみてください。



動画引用元:【ラグビー初心者講座】フィットネスの5つの練習方法!毎回の練習の最後に必ず取り入れよう【ラグビー スキルガイド】

 

 

~おまけ~東芝府中の練習編

次に東芝府中で取り入れている練習もご紹介します。

 

 

はじめに、マーカーまで来てダウンしたら、そのままスタート地点に戻り、またダウン。
そして徐々に距離を伸ばしていきます。
このときにをつけることを意識するようにしましょう。
ここでは、2本メインでやっていますが、自分にあうよう調整して練習してみてくださいね!

 

 

今回ご紹介した練習は、でもできる内容です。
基礎トレーニングとなるので、ぜひ継続しておこなってみてくださいね。

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。