ラグビーのチップキックの練習方法と2つのポイント

今回は、1on1の状況でつかえるチップキックについてご紹介します。
確実なスキルを身に付けることで引き出しが増え、1on1でも有利な展開へもっていくことができるようになるはず!
この機会にチップキックを習得しましょう!

 

 

 

 

チップキックを制すふたつのポイント

はじめに、「チップキック」をする際のふたつのポイントをご紹介します。
ひとつめはスピードを落とさないこと。
ふたつめはまっすぐとボールを落とすことです。

蹴り方にはさまざまな方法がありますが、左手でボールを落とすようなイメージでおこなうと、スピードが落ちにくくなるのでおすすめです。
ボールを蹴るのではなく、「走っている足にボールが当たる」ような感覚で練習をおこなってみましょう。
そうすることで、体の向きがまっすぐの状態のままキックをすることができます。

 

一度、以下の動画で流れを確認してみてください。



動画引用元:[ラグビー キック] 自分でキックして自分でキャッチ!!チップキックの解説と練習方法!![個人技]

 

 

 

 

大切な注意点

チップキックをするときに、気を付けたい注意点もご紹介します。
ボールをまっすぐに落とせないと、傾いている方向にボールが飛んでしまいます
そのため、必ず「ボールをまっすぐと落とす」ということを忘れずにおこなってください。

ボールを落とすのは体の正面ですが、正面ではなかなかうまくできないという方は、まっすぐのライン上などで練習してみると、感覚をつかみやすくなるはずです。
ぜひ実戦してみましょう。

 

 

 

 

練習してチップキックを習得しよう

チップキックを習得するためにおすすめの練習方法は、「歩き方」を意識したトレーニングです。
まっすぐに落としたボールを蹴る練習をしていきます。
慣れてきたらだんだんスピードをあげて、ギリギリまでボールを持っておこなってみましょう。
まずは高く蹴らずに、自分で蹴って自分で取れるようになることを目標としてみてください。

 

蹴り方にはいろんな方法があるので、どんどん試してみましょう!
チップキックを習得し、ラグビースキルをさらにアップさせてくださいね。

 

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。