初心者向け ラグビーの基本ルールとポジション

ラグビーとは、15人対15人でおこなうスポーツですよね。
今回はそんなラグビーの基本ルールと、ポジションについてご紹介していきます。
ルールを知り、さらにラグビーを楽しみましょう!

 

 

 

ラグビーの基本ルール

ラグビーの試合時間は、前後半でそれぞれ40分ずつとなっています。

 

 

得点はトライ5点、そのあとのキック2点です。
もっともよくある反則が「ノックオン」と「スローフォワード」。
ノックオンとは、前方にボールを落とす反則技で、スローフォワードは前方にパスをする反則技です。
もしノックオンやスローフォワードで反則となった場合、相手ボールスクラムからリスタートとなります。
危険なタックルも、もちろん反則!重い反則の場合は、相手のペナルティキックからリスタートします。
ペナルティキックが成功すると、3点の得点が入ります。

 

 

前半後半合計80分、ルールを守りながら戦って試合終了です。
試合終了のことを、ラグビーではノーサイドといいます。
ノーサイドのあとは敵も味方もなく、全員が仲間です。
お互いを讃えあうことは、ラグビーにおいてとても重要な精神なので覚えておきましょう。

 

 

 

ラグビーのポジションを学ぶ

基本ルールとあわせて、ポジションについてもご紹介します。
ラグビーのポジションはフォワードと呼ばれるスクラム組む力強い8人と、バックスと呼ばれるスクラムの後方トライをねらう7人にわかれます。

 

 

フォワードの細かいポジション分けをキャッチコピーとともにご紹介します。
重戦車として知られているプロップ(背番号1、3)、スクラムの壁フッカー(背番号2)、チームいちの巨人ロック(背番号4、5)、超絶運動量の持ち主フランカー(背番号6、7)、暴れん坊のナンバーエイト(背番号8)の8人。
そしてバックスは、つなぎ役として知られているスクラムハーフ(背番号9)、司令塔のフライハーフ(背番号10)、切り込み隊長のセンター(背番号12、13)、韋駄天のウィング(背番号11、14)、最後の砦のフルバック(背番号15)です。

 

ポジションごとに選手の個性がわかれていることも、ラグビーの特徴です。

 

 

 

ラグビーの基本ルールとポジションまとめ

ラグビーの基本ルールと、ポジションについてご紹介しました。
15人の個性あふれる選手の集まりであるラグビーだからこそ、さまざまな方たちと盛り上がれるスポーツでもあります。
ルールを理解し、ラグビーの試合観戦をさらに楽しみましょう!

 

動画では、様々なルールについてわかりやすく紹介していますので、そちらも参考にご覧ください。



動画引用元:ラグビーのルール

ライター名:チョコ