【切り返し練習】ゴルフのスイングは歩くのと同じ ウェートシフトの重要性

切り返しのタイミング

テークバックと切り返しの間にもう一つ大事な要素があります。
引退をしてしまったイチロー選手。

振り子打法が有名ですよね。

左打者なので逆足ですが右打者に置き換えて・・
軸足となる左足から右足に体重を乗せてというイメージで、イチローさんの場合、一本足で立ち、インパクトに向けて、左足に体重移動をしていきます。

ゴルフも同様で、テークバックでは、右足に切り返しからダウンスイングで左足に移行していきます。切り返しって意識すると力みになりますが、歩くときに自然と腕を振れるように、体重移動が切り返し(ダウンスイングの始動)のきっかけとなるリズムをとる方も多いです。

松山プロも切り返しのタイミングで一呼吸置きますが、クラブが下り始める僅か前に左足へのウェートシフトが始まっています。

体重シフト

体重移動はテークバックで右足にシフトして、右の股関節を中心に腰を回すような感覚で腰を回します。ここで注意しなければいけないのは、スタンス幅(足の幅)以上に、腰を動かさない。

なるべく、右足の内側位に股関節が来るイメージで、足幅内で体重移動をする感覚です。

体重移動しすぎると、スイングが安定しなくなる(再現性が下がる)ので、注意が必要です。

また、テークバックは、右足の股関節の上で、ぐるっと腰を回すイメージです。

ダウンスイングでは、アイアンのようにダウンブローで打ちたい場合は左足にシフトし、ドライバー、ウッドなどレベルブローで打ちたい場合は、右足になるべく体重を残した方が、打ちやすいと思います。

ただ、これも個人差があるので具体的に何割残すといったものではなく、感覚で覚えていくしかないと思います。

傾向として、スライスが止まらない人は、体が流れすぎている(体重移動等のアクションが大きすぎる)為、インパクトからフォローにかけて、右足が浮くのを我慢する練習をしてみるといいと思います。

もし、友人等と練習にいく機会があれば、右足を後ろから浮かないように押さえてもらうと、びっくりするくらい球が掴まるようになったりします。

また、よく言われるのですが、「左サイドを意識しろ」という言葉があります。これも同様に左サイドに流れすぎると、クラブが体の正面から遅れて振られてしまう「振り遅れ」ということになります。グッと左足を踏ん張り、体に左側に壁があり、ヘッドをその壁にたたきつけるイメージで振ってください。

体重については、左足→右足間のシフトだけでなく、腹側、背中側によっても変わってくるので、それについては、また改めて触れます。





動画引用元:ゴルフスイング ウェートシフトを練習する方法

 

飛ばしのヒントは、縄跳び?高速道路?にある!?体の使い方が分かれば、まだまだ飛ばせる。今まで使い方が間違っていただけ。アジアレコード405ヤードを飛ばすドラコンプロ 物理と独自の運動理論で飛ばす弥永プロの飛ばしのメソッド