家でも出来る!タオルを使って 正しいゴルフスイング練習

こっそり練習したい」「気軽に練習したい」という方、必見!
今回は、実際にクラブで練習するのではなく、自宅で簡単にできるゴルフスイングの練習方法をご紹介していきます。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

やり方

  1. 先を固めて、丸めたタオルを用意します。長さは気にしなくても大丈夫です。
  2. 丸めていない方を握ってスイングの練習をしていきます。
  3. タオルを前に振ってから、そのリズムでバックスイングを作ります。
    左腕をしっかり伸ばして、結んだ部分が背中の真ん中に当たるまでバックスイングを作っていきます。
  4.  フォローで丸めた部分が前に出て、タオルが伸びるようにします。
  5.  フィニッシュで丸めた部分が背中に当たるように意識してください。
  6.  背中より右肩付近に当たるように練習を繰り返していきましょう。

 

 

 

ポイント

タオルが背中に当たるまでバックスイングを行いましょう。
トップが上がる前に結んだ部分が背中に当たってしまうという方は、ヒジが曲がっていたり、手首を使い過ぎていたりする動きをしているので、注意しましょう。
トップの位置で背中に結び目が当たるように意識して行ってくださいね。

また、フィニッシュの早い段階で背中に結び目が当たってしまうという方は、手先をこねてしまったり、フェイスのローテーションが強かったりしているので、こちらも注意!
タオルが伸びてフォローを作っていくように動かしましょう。

 

 

タオル練習の効果

ただ単にタオルを振っていれば上達する、というわけではありません。
タオルをどのように使い、どのように意識するかが重要です。
正しいスイングを行うことで、スイングのスピードを上げる場所や、上がってくる場所、ヘッドが走るポイントがつかめるようになりますよ。

 

 

まとめ

  • 伸ばしたタオルを振りながらそのままバックスイングを行う
  • バックスイングで背中に結び目が当たるようにする
  • フィニッシュ時にも背中に結び目が当たるようにする

誰でも手軽に、いつでもどこでも簡単にできるタオルを使ったゴルフのスイング練習。
こちらの動画でくわしく説明しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 



動画引用元:自宅でこっそり上達!タオルで覚える正しいゴルフスイング

 

ライター名 堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。