ツアープロが言わない?パターの握り方と姿勢のポイントとは

ゴルフが上手くなりたいのに、パターが苦手……と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
今回は、パター時の握り方と姿勢について、また、意識すべき点をご紹介します。
パターの極意を見ていきましょう!

 

グリップの持ち方

パターでの握り方は人それぞれ。
色々な握り方があります。
今回は、その中のひとつの、クロスハンドについてご紹介します。

クロスハンドにすると、当然右肩が後ろに下がります。
左手が前に来ているので、左肩が前に来ます。
クロスハンドの人は、肩がクローズになりやすく、体が右を向きやすくなってしまいます。
そうならないように、少し左肩を引いてあげるような感覚で打つと良いでしょう。
まず、自分が狙っているラインに対してまっすぐ、向きをあわせましょう。
グリッププレッシャーを握るのはNG!
握ってしまうと、どうしてもそこだけの力で打つことになってしまうためです。
持つ部分はそっとしておき、上半身全体で動くようにします。

ポイントは、腕と手は何もしないことと、背中を動かすこと。
ボールが自分の正面にあるゴルフでは、背中への意識が薄れてしまいがち。
そのため、まずは「背中」を意識するようにしましょう。
後ろ意識して背中を動かすと、手や肩をあまり使うことなく済みます。

 

パターは「吊る」を意識する

パターは吊る」とよく言われますよね。
パターは「握る」とヘッドは上を向きます。
しかし、「吊る」を意識すると重いヘッドは重力に引っ張られ、下に落ちます。
パターが指に引っかかっている状態、その吊った状態がベストなのです。
ただし、体は締めておくことが大切!
多少は胸に力を入れたり、脇を締めたりすることを意識しましょう。
体を締めるほどボールに伝わる力が強くなるため、小さな動きで強いボールを打てるようになります。

 

まとめ

正面のボールにばかり気を取られてしまい、背中を意識していなかった、という人は多いのではないでしょうか?
背中を意識し、上半身全体で打つようにしましょう。
吊る」を意識して、力みすぎないよう注意することも大切ですよ。

下記にわかりやすく解説されている動画があるので、ぜひご覧ください。

 



動画引用元:ツアープロが絶対言わないパターの極意

ライター名 堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。