パターを成功させる グリーンを歩くことの重要性とは

ラウンド前にコースに出てパター練習をしたことがありますか?
必ずしなければいけないということはありませんが、先にグリーンを歩くことでさまざまなメリットを得ることができるんですよ。

 

グリーンを歩くことの重要性

ラウンド前にパットの練習をすることで、距離感を合わせましょう。
グリーンの隅はアンジュレーション(傾斜)があるので、傾斜の上りと下りを繰り返し練習します。
ラウンド前にグリーンを歩くことによって「今日のグリーンは固い」「今日のグリーンは柔らかい」などといった、その日のコースのグリーンの状態や速さを感覚として掴めるようになり、それによってどのようにアプローチするかを考えることができます。

パッティングのスピードだけでなく、手前から攻めた方がいいのか、奥から攻めたほうがいいのかなどのコースマネジメントもわかるようになりますよ。

 

実際にパターを打ってみる

グリーンの状態を把握したら、さっそくパター練習をしてみましょう。
ボールを打ったら、すぐ後ろからボールの動きを観察します。
そうすることにより、ラインを読むことができるようになりますよ。

打つときはカップではなく、ティーを目印にするのがおすすめです。
ティーを目印にすることによって、ラインを読む練習にもなります。
ラウンド前のパター練習では、カップに入ったか入らなかったかはそれほど気にしなくてよいでしょう。

ショートパッドであっても、例えばグリーンの見えない凹凸などが原因で外してしまうなど、自分自身ではコントロールしきれない要素が原因でミスしてしまうこともあります。
この場合は、自分のミスではありませんので安心してください。

先にパターの練習をすることで、アプローチにも活かすことができます。
また、グリーンにいればいるほど、コースの情報を手に入れられます。
ラウンド前にはできるだけグリーンに行き、その日のグリーンの状態を確かめましょう!

下記に参考になる動画がありますので、ぜひご覧ください。

 



動画引用元:ラインがわかる!3パットしない!パター練習法【中井学】【シングルプレーヤーへの道】

 

【参考URL】
ゴルフのラウンド前の3つの練習。ストレッチ、ショット、パットの練習について

 

ライター名 堀内み