飛距離と安定性を伸ばす 左手グリップの握り方

効率の良い左手グリップの握り方を知りたくはありませんか。
正しい左手のグリップの握り方を覚えて、飛距離安定性を両立させましょう!
ここでは、スギプロのグリップの握り方の動画をもとに、解説していきます。

 

 

グリップの握り方の重要性

グリップは、クラブをつなぐ唯一のポイントです。
そのため、このグリップの握り方が悪いと、飛距離方向性が良くなることはありません。
効率よくボールを遠くへ飛ばし、方向性を良くするための握り方を見ていきましょう。

 

 

自分にあったグリップの握り方のチェックする

【自分に合った角度をチェックしてみる】
自分の左手のグリップの握り方が、「フック」なのか「スクエア」なのか、「ウィーク」なのか。
これを確かめるには、下記の方法でチェックしてみましょう。

 

  1. まず前傾姿勢を作ります。
  2. 腕の力を抜いて自然体になります。
  3. この時の左手の角度を確認しましょう。
    手の甲が少しを向いていたり完全にを向いていたりと、まさに人それぞれです。
    ちなみに、外国人の方で多いのは、手の甲が外側を向いた状態です。
  4. この動作によって、自分に合った握り方の角度を確認することができます。

 

 

【自然な角度で握ってみる】
今作った手首の角度に沿ってグリップを握りましょう。
できるだけ自然な左手の角度が望ましいでしょう。

 

 

具体的なグリップの握り方

グリップは、手のひらのどこで握るかが重要になってきます。
小指の少しから人差し指の方へ、若干斜めになるように握りましょう。

 

まず、小指・薬指・中指の3本でしっかりと握ります。
この時、手のひらばかりで握らないように注意しましょう。
おすすめは、手のひらよりも「」を主体として握ることです。
そうすることで、スナップが使いやすくなるというメリットがあります。
ただし、で握りすぎるとクラブがぶれてしまうため、若干手のひらで握ることも意識しましょう。

 

 

まとめ

まずは自分に合った握り方をチェックし、自然な角度で握れるようにしましょう。
そして、手のひらだけで握るのではなく、指を意識して握ることが大切です。
ご紹介した内容を。
ぜひ参考にしてみてくださいね。



動画引用元:そうか!これが左手のグリップの正しい握り方!パワーと安定のグリップとは?

ライター名:堀内み