目指せ!ミート率アップ 芯に当てる「フェースの合わせ方」

ミート率が上がらない原因は、フェースの合わせ方に原因があるかも?
ミート率を上げられないアマチュアゴルファーには、ある共通点があるようです。

 

ミート率が上がらない原因とは

実は、ほとんどのアマチュアゴルファーは、打つときにヒール寄りに当たってしまっているのです。
一度、シールやスプレーなどを利用して、自分が打ったときどこに当たっているのかをチェックしてみると良いでしょう。
ナイスショットが出た感触があったので、「芯に当たったのかな?」と確認してみると、実際はヒール寄りだった、ということがアマチュアゴルファーにはよくあるそうです。

こうしたことから、まず打つときに自分がどこに当てているのかを理解することが大切です。
では、なぜヒールに当たる人が多いのでしょうか?
原因は、アドレスの構え方にあります。

 

芯に当てる方法

ボールの高さまでクラブヘッドを上げましょう。
そうすると、ボールの位置がヒールに来ていることが分かります。
クラブヘッドは上に上がれば上がるほど、前に出てきます。

また、遠心力により腕が伸びるため、クラブヘッドはさらに前に行きやすくなります。
そのため、まずは空中でボールの真ん中に当たるように構えます
そして、そのままストンと落としたところ(ヘッドの先の方)に来るように構えましょう
芯に当たりやすくなります。

もしくは、空中でヘッドの先の部分に当たるように浮かせておくのも良いでしょう。
ただし、この方法では、空中でヘッドを浮かせている分、力が入ってグリップをゆるく握っておくことができなくなります。
どちらかといえば、置いて構えた方がおすすめといえます。

 

ミート率アップのために

  • ボールスピード÷ヘッドスピード

これがミート率となります。
芯に当たっていなくても、ボールスピードが出ていればミート率が上がることはありますが、そうしたミート率ではなく、本当に芯に当たっているかどうかが大切なポイントと言えるでしょう。

みなさんも動画を参考にチェックしてみてましょう。

 



動画引用元:ミート率アップ!ミートしないのはフェースの合わせ方に原因があった!?ドライバーフェースのヒールに当たる理由を解説!【ゴルフレッスン】

 

 

ライター名 堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。