ゴルフのダフり対策!ひとりでできる練習法とは

ゴルフ用語でボールの手前を打つことを「ダフる」といいます。
そして、ボールの真横を打つことを「トップ」といいます。
ゴルフ初心者は、ダフるスイングをしてしまいがち。
そうならないためにも、ひとりででもできるダフらない練習を行ってみましょう。

 

練習方法

初心者の方は、まずはバランスを鍛えることを中心に練習を始めていきましょう。
しかし、ひとりで行う練習において、ただひたすらクラブを振る練習をしていてもつまらないですよね。
今回は、ただ振るだけではない、少し変わった練習をご紹介します。

  • 左片足立ち
    左片足だけで立ち、腰から腰までのハーフスイングを行います。
    打った後は、右足を左に一歩踏み出します。
    打ったらそのまま歩いていくようなイメージです。
    インパクトでは、肘を伸ばすように気を付けましょう。
    片足で打って左に踏み出すという動作が「ダフらない」練習となります。

 

 

ポイント

この練習の際のポイントは、左足に体重を100%乗っけてしまうこと。
そして、上げて落として、右足を左に踏み出すという動作を繰り返します。
左側にずっと体重を乗せ続けることによって、ダフりにくくなります。

 

 

他にもダフりにくくなる効果的な方法

アイアンの時は、ボールを右側に置くというのもダフらない方法のひとつです。
身体の真ん中よりも足の右側にボールを置くことで、ボールが右側にあるために上から打つことが可能となります。

また、極端な言い方をすれば、コースにおいてスイングして打った後に、そのまま左に歩いて行ってしまってもかまいません。
その動きは意外とスムーズに見えるはずです。

ここまで、「ダフりにくくなる打ち方」の練習方法をご紹介しました。
ご紹介した練習方法なら、ひとりで、どこででも練習することができますよ。

ダフる」のは、初心者がやりがちな典型的なミスショットで、たとえボールに当たったとしても飛距離はぐっと落ちてしまいます。
初心者こそ、ぜひご紹介した練習を参考にして、ぜひダフらない打ち方を身につけてくださいね!



動画引用元:【レッスン6】ダフり対策!トップ対策!ひとりでできる練習法 もちけん流【女子プロゴルファー】

 

ライター名 堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。