飛距離を出す 体の使い方とスイングの練習方法

ゴルフの練習をしていても、なかなか飛距離が伸びない」と感じている人は多いのではないでしょうか。
体を使ってスイングをしなければ、パワーが伝わらずにボールも遠くへ飛ばすことができません。

今回は、体を使ったスイングについて見ていきましょう。

 

 

なぜ体を使うスイングが重要なのか

手だけを使ってクラブを振ろうとすると体全体の動きが小さくなり、腰や肩などの大きな力を利用することができなくなってしまいます
そのため、飛距離を伸ばすことが難しくなってしまうのです。

体を使ってスイングすると、上半身の筋力を利用しながらパワーを増大させて、飛距離を伸ばすことができるようになります
より強く筋肉を動かしますので、再現性も高くなりますよ!

 

 

スイングの練習方法

最初は、クラブを横にして上半身を振る練習を行いましょう。
この練習で、イメージがつかみやすくなりますよ。

縦運動をすれば、下半身は勝手に動きます。
逆に、下半身を使わないと縦運動は成立しません。
目の前でまっすぐ振る感覚で行いましょう
左手の動きがまっすぐになるよう意識して振れると良いですね。
体をターンさせてしまうと、ボールが上がってしまいます。
つまり、減速してしまうのです。

ちなみに、横回転ではスピードが出ません
ボールは、足で打つのではなく、腕で打つものです。
それなのに、足を意識していたらコントロールができなくなってしまうのです。
腕を振ったら、体がオートマティックに動く。
それが「縦運動」です。

 

 

ポイント

大切なのは、ゴルフクラブがどう動くかです
クラブが動きたいように動かせてあげましょう。
自ら制限をかけて左に引っ張るなどしてしまうと、遠心力に逆らうことになってしまいます。
これでは、再現性も薄くなります。

体は縦に使うもの
縦に使うことによって、直線的にクラブを振ることができますよ。
詳しい解説は、以下の動画も参考にしてみてくださいね。

 



動画引用元:現代ゴルフの飛距離を出すために必須な「体を使ったスイング」の正体

参考URL
ゴルフ体の回転のための練習ドリルと3つの注意点とは?ーGOL Favo

 

ライター名 堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。