ドライバー ミスショットを減らす 3つのポイント

ドライバーは、長尺であるがゆえに的確にインパクトするのが難しいクラブです。
今回は、そんなドライバーミスを少しでも減らすことのできる打ち方をご紹介します。
ぜひ練習の参考にしてみてくださいね。

 

 

 

打ち方

ドライバーは14本のクラブの中で、一番長いクラブです。
長いクラブなので、バックスイングインパクトフォローなど、少しのタイミングズレで大きなミスに繋がるクラブといえます。

 

 

アドレスは、「離れすぎない・近すぎない」を意識しましょう。
自分の拳1個半くらいでアドレスをします。
これを毎回心がけて、チェックしながら練習すると良いでしょう。

 

 

バックスイングを大きく、右足体重を乗せます。
高さは、自分の耳の横くらいまで上げましょう。
無理に高く上げすぎると、がぶれてしまいパワーを生み出すことができなくなるので、注意が必要です。

 

 

インパクトは、自分のアドレスに返るように、体の正面で。
フォローで、大きいを描くようにスイングします。

 

 

 

打つときの注意点

アマチュアゴルファーの方で多いミスは、バックスイング時にオーバースイングになってしまい、クラブが頭を越し、インパクト時に先に行ってしまうというもの。
これではクラブヘッドが遅れて、クラブが開いてしまいます。
それを嫌がると、今度はクラブが先に行ってしまい、チーピンになってしまいます。

 

 

ティー低すぎるとオーバースイングになってしまい、を突っ込んでしまいます。
逆に、ティーが高すぎると全くバックスイングが上がらなくなってしまい、これもチーピンになってしまいます。

 

 

 

ポイント

ドライバーで打つときは、

 

  • とにかく大きな円を描くように振る
  • バックスイング時は耳の高さまであげて、が下がらないように注意する
  • フォローはバックスイング時と反対の耳の高さに持ってくる

 

これらのポイントを押さえることで、無理のない力強いスイングができるはずですよ。

 

こちらの動画で詳しく解説されています。
ぜひチェックしてくださいね。



動画引用元:ドライバーのミス減らす打ち方のポイントと注意点【ゴルファボ】【北川祐生】

【参考URL】
ドライバーのミス減らす打ち方のポイントと注意点

ライター名 堀内み